アトピーにホホバオイルが良いと聞いたのですが本当ですか???

ブログの読者から問い合わせがありました。

読者からの質問:

アトピーにホホバオイルが良いと聞いたのですが、本当でしょうか?

この回答ですが、『Yes』と『No』があります。

Yes、ですが、良質のホホバオイルなら、アトピーに効果的です。

アトピーは超乾燥肌なのでその保湿には非常に効果があります。なぜ良質のホホバオイルなら効果的かというと、

化粧品って、お肌のための栄養分を気にして購入しませんか?保湿するための成分、栄養、新成分配合などの文言は、お肌を良くするための成分が配合されているから、購入しますよね?

ホホバオイルも品質が良いホホバオイルならお肌のための有効成分が入っているので、オススメ出来ます。

しかし、

No と言わなければならないホホバオイルも存在します。

それは、たとえオーガニック認定と宣伝しているホホバオイルでも、クレンジングの時にホホバオイルが目に入るとピリピリするホホバオイルがあるそうです。そのようなホホバオイルは、何らかの化学成分が入っているので辞めましょう。ピュアなホホバオイルではありません。

そして、無◯などの大メーカが販売している精製ホホバオイルです。精製ホホバオイルはお肌のための滋養成分が破壊されています。そして場合によっては、何らかの防腐剤成分が入っている可能性があります。

ある質問サイトで、無◯ホホバオイルを塗ったらお肌がどんどん赤くなってしまったそうです。その会社のサイトでは、成分表には、【ホホバオイル】としか書いていません。本物のホホバオイルならちょっと塗っただけで、真っ赤になるようなことはないです。

ホホバオイルは、化粧品ではないので全成分表示義務はありません。なので全ての成分を表示しなくても良いのです。

ゴールデン ホホバオイルは、ホホバの実が作ったお肌のための滋養成分(抗酸化作用成分を含む)が残っていますが、精製ホホバオイルにはお肌のための滋養成分は破壊されているので、残っていません。

そしてこの滋養成分が残っているので、ホホバオイルは長期保存が可能ですが、精製オイルでは滋養成分が残っていないので、長期保存のために、BHT等のお肌を傷めるので有名な成分を添加している可能性があります。

そしてBHT等の成分はお肌を傷める可能性がある成分です。だからすぐに塗って真っ赤になってしまう人が居たとしてもおかしくありません。

なので、

有名な会社だから大丈夫

安いから

などの理由で、ホホバオイルを選ばない方が良いです。

あなただって、日本茶なら◯◯産とかブランドを選びますよね?ホホバオイルも同じです。

アトピー自然療法実践会としてオススメするのは

インタッチ アロマケア ホホバオイルです。

推奨する理由ですが、

1) 実績を公開している。
2) ホホバオイル以外にも必要な場合の商品が用意されている。
3) インタッチアロマケアは、日本のプロのアロマセラピストが購読している業界誌へ、10年近く寄稿している有名人です。そして、セミナーのパネルとして何度も参加している有名人です。
4) 本人が化粧品で肌を傷め化粧品を使えない超敏感肌なので、自分の肌で良かった製品しか出さないというポリシーを持っています。

ナチュラル スキンケアの専門なので、石油系成分で傷んだお肌の女性でも安心してご利用頂けるからです。

ステロイドは安全か?副作用20 低身長

ステロイドは安全か?副作用20 低身長

ステロイドの副作用として低身長が知られています。

前にも書いていますが、医薬品の特徴はケミカル ストレスです。
○○を化学的に抑えこみます。

この結果として、子供にステロイドを利用すると
低身長となる場合があります。

身長の伸びにかかわるホルモンは、成長ホルモンです。このホルモンは、グルココルチコイドと同じく脳で調節されています。脳の中の視床下部からの信号によって、下垂体で成長ホルモンがつくられます。成長ホルモンは成長軟骨板と結合組織を合成し、身長を伸ばします。肝臓でつくられるインスリン様成長因子(insulin-like growth factor-1:IGF-1)というホルモンによってこの合成はさらに促進されます。また、成長軟骨板自身もインスリン様成長因子を分泌します。

 ステロイド薬を用いて体内のグルココルチコイドが増えすぎると、過剰になったグルココルチコイドは、成長ホルモンやインスリン様成長因子ができるのを妨げるように働き、結合組織の合成を抑制します。その結果として、身長の伸びが抑制されて成長障害がおこります。

ステロイド薬による成長障害 より転載

低身長のなるプロセスを解説しているサイトがあったので、転載しました。

この低身長って男の子には真剣な問題ですね。

女の子って身長が高い男が好きだから、低身長の男の子って女の子に持てない可能性が高いからです。

ステロイドは根本的な問題を解決しないので、非常に罪作りだと思います。

根本的な課題としてステロイドを利用すること自体
アトピーになるプロセスが分かっていない証拠だと思います。

ステロイドを利用しなくてもアトピー性皮膚炎は
改善できました。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

ステロイドは安全か?副作用15 ムーンフェイス(満月様顔貌(まんげつよう・がんぼう))

ステロイドの長期利用(服用)の副作用として、肥満がありました。
単純に肥満と言ってもいろいろな症状があります。

・脂肪沈着(しぼうちんちゃく)
・顔:ムーンフェイス・満月様顔貌(まんげつよう・がんぼう)
・肩:野牛肩(やぎゅうかた)・バッファロー ハンプ(buffalo hump)
・内蔵:中心性肥満

特定の部署に脂肪が沈着するケースとして、
顔、肩、そして内蔵
に脂肪が着いてしまう症状です。

ステロイド薬を長期に利用すると、
時としてインシュリンに対する感受性が下がるため、
肥満を招く場合があるようです。

子供も場合は、ステロイドを中止すればある程度の期間が
経過すると、この肥満は解消するそうです。

肥満になるからと過度な食事制限などをするのは、
しない方が良いようです。

このように、ステロイドは様々な副作用を引き起こす医薬品です。

できるだけ避けることが懸命でしょう。

ステロイドを利用しなくてもアトピー性皮膚炎は
改善できました。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー肌はなぜかゆい?

アトピー肌の特徴として気になるのが、

【痒い】

でしょう。

ドクターは、乾燥した肌だからかゆみを
感じると説明していますが、これだけでは
ありません。

乾燥以外にも

●●● だったり、
●● だったり、
複数の要因が一緒になってかゆくなります。

アトピーって複数要因が寄り集まってなるので
分かり難いのです。

そしてかゆみを止めるには、
体の内部で起きていることを含めて
改善をすることによって、かゆみが止まります。

それは体の中で起こっているプロセスを
理解すると分かります。

ステロイドなどの医薬品、変な化粧品、ワセリン
ではなく、ナチュラルなものでお肌を傷めずに
改善する方法をお勧めします。

貴女の体全体を見つめましょう。

それがアトピー改善の第一歩です。

これがアトピ自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー肌はどうして茶色で固いのか?

アトピーで長い間ステロイドを利用した人の肌は、
茶色で固い皮膚が多いです。どうしてでしょうか?

原因はステロイドにあります。

ドクターは説明していませんが、原因は2つあります。

①ステロイドが皮膚組織の再生を抑える。
②化粧品・医薬品が利用している石油系素材に、感光作用がある。

理由1:
ステロイドだけでなく、医薬品はケミカル ストレスです。

製薬会社・ドクターは説明していませんが、薬を飲んでいると
体の機能を抑えます。これは、どんな医薬品を利用していても
共通しています。

随分前ですが、高血圧を抑える降圧剤
これを真面目に飲んでいる人は、早死しているとの
レポートが新聞に記載されていました。

これって、おかしいと思いませんか?

本来は、高すぎる血圧を抑えて長生き出来るようにと
気を使った人が、逆に早死してしまった。
←統計が示しています。

矛盾ですよね?

親族が聞いたら、なぜ!って怒りますよね?

でもこれが現実なのです。

そして、ステロイドをお肌に塗っていると、
お肌が茶色になるのはターン オーバーと
呼ばれるお肌の再生が、止まってしまうのです。

本来ならば、28日で一回転するはずなのです。

下に新しい組織を作り、そして一番上の皮膚が
垢となってハガレ落ちる。

これが皮膚再生のプロセスです。

ですが、下に皮膚組織を作るのが止まって
しまいます。

新しい組織が出来て入れ替わるから、
白いキレイなお肌になるのですが、
それがストップしたら?

一番上の皮膚組織に汚れが溜まり、
古い組織ですから、汚れも溜まり
茶色のえ〜っというお肌になってしまいます。

それではどうやって、キレイなお肌に戻せるのか?

ステロイドを切り、
お肌をキレイにするために、
お肌の皮膚再生を再開させるものを
お肌に塗るしかありません。

それに最適なのが、●●●●●●です。

●●●●●●を購入するには、
いろいろな相談を受け付けているところで
購入しましょう。

アトピーに良いと書いてあるサイトは
たくさんあります。でも、お客さん
お客さんによって対応方法は違います。

それに答えられそうなところから
購入しましょう。

理由2:
ちょっと長すぎたので、次回にします。

早めに脱ステロイドすることをお勧めします。

これがアトピ自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピーでボロボロのお肌を、どうキレイにするか?

アトピーで傷んだお肌を、どう綺麗なお肌にするか?

前回、古くなったお肌を落とすのに、
単純アルカリ質の温泉をお勧めしました。

その次に、どうやってお肌を再生するかを
考える必要があります。

多分ご存知のようにステロイドは皮膚再生を
抑えます。←だからお肌が茶色になります。

お肌のターンオーバーが止まってしまうから
お肌が茶色になってしまうからです。

だから、皮膚再生が出来る余力がある状態の時に、
脱ステロイドをすると、皮膚再生が始まり
多くの人が怖がっているリバウンドが始まります。

だから、アトピー自然療法実践会では、
リバウンドを恐れないようにお勧めしています。

だから、ステロイドを早めに切ることを
お勧めします。もしくは、ステロイドを
徐々に伸ばしながら利用することを
お勧めします。

リバウンドが示すように、
ステロイドはアトピーを根治治療しないから
です。

これがアトピ自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。
アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピーの本当の原因としてタンパク質が原因だそうです???

たまたま見つけたサイトで、アトピーの原因は

【真の原因は、汚染されて分解されにくいたんぱく質】

と説明しているサイトがありました。

アトピーの人をお助けしてきて思うのですが、

アトピーを改善するには、皮膚組織を作る必要があります。
ということは、

良質なタンパク質(植物性でなくて、動物性タンパク質)が
必要です。

最終的に何をしなければならないのか?という観点から
考えると、人間の体は何から出来ているのか?

この観点に立ち戻ります。

人体はどんな物質で構成されているのか?

植物?動物?どっちでしょうか?

人間の体は、野菜からタンパク質を合成出来ません。
だからベジタリアンは、不健康です。
人によっては青い顔をしています。そして長生きしません。

理由は、植物性タンパク質は、人間の必須タンパク質
すべてを含んでいません。だから動物性たんぱく質を
採らないと、人間の体を適正に再構成出来ません。

だから大豆からできた豆腐を食べれば十分と考えて
いる人は不健康になります。

多くの人が健康であると思っていても、
自分の体が何で出来ているかを考えてみると
一目瞭然です。

もうちょっと考えてみましょう。

アトピーの原因は、違うところにあります。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

アトピー化粧品を切るシリーズ3

薬用メディクリーム アシュケア Dr. H’care
日本アトピー協会推奨商品

この製品には、以前このブログでも紹介している
ステロイド様成分である、グリチルリチン酸ジカリウムが
交配されている。

だから、使い始めてしばらくするとステロイド様なので
キレイに見えるようになる可能性がある。

キレイになってアトピーが改善したからと、
別の製品を利用し始めるとアトピーが再発する可能性が
高い。

だから、この化粧品を利用したから、アトピーが
改善されたと安心するのは早い。

理由は、アトピーの本質を改善せず、一時的に
抑える成分を交配しているから。

擬ステロイド様成分の利用を中止すれば、
アトピーが復活するだろうから。

結論
アトピーを改善したいのなら、もっと本質を改善すべき。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

アレルギーは免疫が関係している。

オーストラリアのレポートで、
自然分娩の子供と帝王切開で出産した子供では、
帝王切開で出産した子供の方が湿疹になりやすいと
いう報告があります。

自然分娩で生まれた子供の方が免疫が強いようです。

たった20cm程度の産道を通過する間に、
何が子供の免疫に影響を与えるのは、不明です。

ひょっとしたら、産道を通ってくる間に雑菌に
触れることによって免疫が強くなるのかも
しれません。

現代社会は、いろいろな生活用品で環境を
清潔にすることばかりしています。

ですが、これが逆に免疫機能が雑菌との
接触を減らし、免疫機能を強化することを
妨げています。

つまり体の免疫機能が弱い状態の体に
なります。

その状態で、海外旅行に出かけた時に抵抗力が
ない体なので、他の人は軽い症状で治まっても、
抵抗力が無い人は、重い症状になる可能性も
あります。

病院でキレイキレイにするように、言われたと
あるお母さんがいますが、逆にそれは、本当の
意味では病気に弱い赤ちゃんになってしまいます。

たくましい子供を願っているのなら、
雑菌に触れても大丈夫な抵抗力をつけるには、
雑菌に触れる必要があります。

多くの人が思っている常識が機能しない場合、
真実は逆の場合があるということです。

ちなみに、東南アジアなどではアトピーが
ない国があります。

グリチルリチン酸の危険性は、78年に厚生省が通達

前回の記事で、グリチルリチン酸の危険性について書きました。

この危険性は、1978年に当時の厚生省通達(薬発第158号 昭和53年2月13日 厚生省薬務局長「グリチルリチン酸等を含有する 医薬品の取扱いについて」)として出ているそうです。

擬似ステロイド様成分を利用することは、知らずに利用していると良い化粧品に見えますが、それだけ不自然は成分を利用しているため、長期的には何らかの【予期せぬ出来事】になるかもしれません。

なので、いまご利用のアトピーがよくなるという化粧品は、避けたほうが良いでしょう。

と書いたところで、本当のステロイドを利用した化粧品が販売されていたことがありました。

化粧品会社って、そんな製品を販売したがる傾向があります。だから化粧品会社の製品には要注意です。

次回の記事にします。