アトピー治療に、どうやって皮膚再生を活性化させるかの議論がない。

ドクター、製薬会社、化粧品会社に、
どうやって皮膚再生を活性化させるかの議論がない。

アトピーで病院へ行って、もらうステロイドですが、
これには、皮膚組織の再生を遅らせます。

そして化粧品会社の製品を見ても、
皮膚再生を助ける製品は、ないです。

キレイになると書いていますが、
皮膚再生をしてキレイになるとか書いています。

逆に、ステロイドのような機能がある成分を
配合し、これによってステロイドが治った
ような印象を与える製品が多いです。
←アトピーに良いと言われている化粧品を
みると、擬似ステロイド様成分が配合されていました。
←これは誤魔化しです。
これらの製品から別の製品に切り替えると、
脱ステロイド症状(リバウンド)と同じような症状が出ます。

なぜ、このような書き方をしているかというと、
お肌をキレイにするには、
正常な皮膚再生機能を復活させて、
お肌に残留しているステロイドを排出できて、
初めてキレイなお肌に戻ることが出来るからです。

石油系素材を利用している、
医薬品、化粧品は、石油系素材がベースです。

そして感光作用があります。

ドクターは、昔ナチュラルなものだったから
ナチュラルと説明していますが、
何万年前に死んで、
ものとしては鉱物の取り扱いのものを
ナチュラルと説明しています。
←貴女はこれを聞いてどう思いますか?

人間は、何万年も前から生きているものを
捕食して、生きてきました。

動物、魚、木の実、野菜など、
生きているものを捕り、
そしてそれらのエネルギーを
取り入れることにより、生きてきたのです。

アトピーでひどく傷んだお肌であればこそ、
よりお肌に無理がないナチュラルなエネルギーを
利用する必要があります。

これがアトピ自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピーにワセリンは、有効な保湿剤?

『ワセリンってどんな保湿剤なのでしょうか?』
と質問があったので、書いています。

ひょっとして、えっと思うかもしれませんが、

ワセリンは石油から作られています。

ワセリンが開発されたのは、1930年代に
世界で最初にアメリカで石油が発掘されました。

この石油を採掘するためにロッドに
ネバネバした邪魔なものがついていて
これを利用してなにか出来ないかと
探していて、ワセリンが開発されました。

時代は、科学万能の時代の始まりでした。
『人間は神よりも偉大な存在』
の始まりであり、ワセリンは非常に便利な
保湿剤として、広く利用されるようになりました。

これがワセリンです。

時代の変化とともに、ワセリンの精製が
向上されていろいろな品質のワセリンが
販売されていますが、
石油から作られているのは、変わりません。

ワセリンの最大の欠点は、
ワセリンを皮膚に塗っていると、
感光作用があり、
皮膚呼吸が出来なくなります。

なので、全身に塗るのはよくありません。

人間は、肺からの呼吸が90%、皮膚呼吸10%と言われています。

だから、皮膚呼吸が出来るように
しておくのが大事なのです。

そして、一般に販売されている化粧品は、
安価な石油系素材をベースにして、
有効成分と言われているものを入れて
販売されています。

これで、本当に有効な保湿剤でしょうか?

参照サイト:ワセリンの歴史(英文)

http://www.vaselineskinfund.com

アトピーにステロイドは絶対に不要です。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。
アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー化粧品を切るシリーズ2

今回は、アトピー用クリーム

この製品もアトピー用化粧品クリーム、値段は手頃な設定ですが、

成分を見ていると

【オウゴンエキス】
効果1:男性ホルモン(皮脂分泌の原因となる)を抑える。
効果2:肌トラブル(にきびなど)を抑える。
とありますが、

もともと化粧品会社は、二十歳を過ぎたら皮脂供給が
減ると言っています。でも化粧品会社は皮脂の供給が
多すぎるとも説明しています。

化粧品会社って皮脂が出過ぎといっていますが、
これは化粧品の石油系成分のカスを皮脂供給の供給過多
にすり替えている可能性が高いです。

そしてニキビを抑えるには化粧品は要らないです。

石油系成分が主体の化粧品はお肌を傷めるだけで、
いくら有効成分を入れても限定的です。

もっと簡単にお肌をキレイにそして
アトピー、ニキビを抑えるナチュラルものがあります。

インタッチアロマ ホホバオイルを見ると分かります。

今回の化粧品:
tofutofuクリーム 有限会社輪屋(マースティカンパニー)

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

アトピー治療とコスメと同じに考えている、誤り

多くの人が誤解しているのが、

『ステロイドで赤いのが引っ込んだから、良くなった。』

赤いのが引っ込んだ
かゆいのが引っ込んだ
ガサガサが引っ込んだ

キレイでない状態が引っ込んだ、
治った!!!

と言う発想は危険です。

理由はステロイドでなくても、
自然の成分で、ステロイドのように
抑える成分があり、アトピー化粧品には
利用されているからです。

逆に体を活性化させて改善される
方が安全です。

アトピー治療薬、アトピー化粧品という
製品にも、体の機能を抑える成分が配合
されています。

そしてこれらは石油系素材にいろいろな
成分を交配している点でも、長期に
全身に塗布するのは、オススメできます。

石油系素材を塗っていると、感光作用が
ありますし、いつか皮膚がガサガサになる
可能性が高いからです。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

暑い夏だと、石油系素材のクリームやワセリンで蒸れませんか?

今年の夏は、猛暑で大変なようですね。

そうなると気になるのが、そんな猛暑の時に
化粧品やワセリンを塗れますか?

化粧品や医薬品のベースは、石油系成分ですので、
毛穴などにカスを残しますし、
蒸れます。

そして女性が嫌がる感光性作用もあるので、
日焼けします。うっとうしくなります。
←蒸れて、日焼けもと言ったら最悪ではありませんか?

ホホバオイルは、人間の皮脂に非常に似ている
ので、皮膚呼吸できます。だから、蒸れません。

しかもカスが残りません。
←石油系素材は、カスが残って毛穴を塞ぎます。

だから汗疹の肌にはホホバオイルが最適です。

そして日に焼けても、後からホホバオイルを塗っても
日焼けが引くのが早いです。
ホホバオイルで日焼けが引いた証拠写真

だから、ホホバオイルは夏にお勧めです。

参考:
サンスクリーンで悪性腫瘍(皮膚ガン)が増加

コスメの人の情報源は、化粧品会社だから…

コスメの人がいろいろな話しをブログなどに書いているが、彼らの話しを良く分析すると、化粧品会社の受け売りであることが多い。

昔から化粧品(コスメ)は、長期的にお肌が痛む成分であっても、キレイに見せればどれでOKという体質がある。

結局、成分がなんであっても、これを塗ったらキレイに見えるが大事であって、長く使っているとお肌が痛むことを考えていない。←アロマセラピーと全く正反対

理由?だって二十歳代はOKでも、結婚して家庭に引っ込んだ女性がシミやソバカスが出来たってお化粧を辞めてしまうのは、化粧をしていると顔が痛むということを感じているから。

だから、そんな製品を作っている会社の情報を話しているコスメの人達の話しをどこまで信用できるか?

疑問が残る。

コスメに非常に期待しすぎと思う。本当にキレイなお肌になりたいのなら、化粧品会社の製品ではなく、メディカル アロマセラピーの製品を利用すべき。

60歳を過ぎてもお肌がピカピカになる。

『毛穴につまった皮脂をすっきり落とす』と化粧品会社は説明するが…

医師や、化粧品会社の宣伝などにある、

『毛穴につまった皮脂をすっきり落とす』

でもこれっておかしい。

この皮脂が塞いでいる場所が、顔そして頭皮に限定されているから。

そしてこれらの場所は、化粧品や生活用品を利用している場所と重なる。

これらの製品は、石油系素材がベース。

だからこれらの製品を利用していれば、石油系素材のカスが穴を塞ぐ可能性が非常に高い。

そして、その場所にホホバオイルを利用していると、これらのカスが流れでてキレイになる。

と言うことは、自分たちの製品で起きていることを隠して人間の体が良くないと説明している。

根本的に人間の体が自分の体に良くないことをするか?

という観点から考えると、医師や、化粧品や生活用品会社が言いふらしている論理は矛盾があると思う。