アトピー治療に、どうやって皮膚再生を活性化させるかの議論がない。

ドクター、製薬会社、化粧品会社に、
どうやって皮膚再生を活性化させるかの議論がない。

アトピーで病院へ行って、もらうステロイドですが、
これには、皮膚組織の再生を遅らせます。

そして化粧品会社の製品を見ても、
皮膚再生を助ける製品は、ないです。

キレイになると書いていますが、
皮膚再生をしてキレイになるとか書いています。

逆に、ステロイドのような機能がある成分を
配合し、これによってステロイドが治った
ような印象を与える製品が多いです。
←アトピーに良いと言われている化粧品を
みると、擬似ステロイド様成分が配合されていました。
←これは誤魔化しです。
これらの製品から別の製品に切り替えると、
脱ステロイド症状(リバウンド)と同じような症状が出ます。

なぜ、このような書き方をしているかというと、
お肌をキレイにするには、
正常な皮膚再生機能を復活させて、
お肌に残留しているステロイドを排出できて、
初めてキレイなお肌に戻ることが出来るからです。

石油系素材を利用している、
医薬品、化粧品は、石油系素材がベースです。

そして感光作用があります。

ドクターは、昔ナチュラルなものだったから
ナチュラルと説明していますが、
何万年前に死んで、
ものとしては鉱物の取り扱いのものを
ナチュラルと説明しています。
←貴女はこれを聞いてどう思いますか?

人間は、何万年も前から生きているものを
捕食して、生きてきました。

動物、魚、木の実、野菜など、
生きているものを捕り、
そしてそれらのエネルギーを
取り入れることにより、生きてきたのです。

アトピーでひどく傷んだお肌であればこそ、
よりお肌に無理がないナチュラルなエネルギーを
利用する必要があります。

これがアトピ自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

お肌に良いのは、弱酸性、弱アルカリ性どっち?

たぶん、多くの人が混乱しているのが、

お肌のためには、弱酸性、弱アルカリ性とどっちが良いのでしょうか?

ではないでしょうか?

そしてこんな記事を見つけました。

弱酸性って皮膚にやさしいの?

http://bit.ly/NT1iot

この記事でもアルカリ性、酸性かを明確に書いていませんが、
多いに参考になります。

大メーカーがお肌を傷める製品をだしているかが分かります。

私は、弱酸性より、弱アルカリ性の方が体には
良いと思います。

理由ですが、酸性のものとアルカリ性のものとを
体に塗ると何が起きるかを思いだしてみれば
わかると思います。

最初の酸性のケースを考えてみましょう。

酸性と言ったらお酢が思い浮かぶと思います。
お酢を利用するとしたら、お酢で魚の実を締める
と魚の身が締まってコリコリとして美味しくなります。

だから、体の表面にお酢を塗っていると皮膚が硬くなるであろうと
想像出来ます。

皮膚表面は常に垢となってはがれ落ちるので、下の皮膚組織が
出来て入れ替わります。

ですが、それをお酢で締めたら皮膚の入れ替わりはどうなるでしょうか?

逆に重曹をぬるま湯に溶かして、足をその中に
入れると水虫とかで足が臭い人の場合、
足首がすっきりします。

そして足首の周りの皮膚が、楽に剥がれてキレイに
なります。

ということは、アルカリ性のものを皮膚に
塗ると古い固くなっている皮膚を取り除くのが
楽なるということが想像出来ます。

だから弱アルカリ性のもので体を洗うのが好ましいと
考えられます。

だから弱アルカリ性の製品で体を洗うのが
好ましいと言えます。

そして先ほどの記事を見てもらえば分かりますが、
何らかの機能を訴えている製品であればあるほど、
合成界面活性剤が配合されている可能性が
高いように思います。

合成界面活性剤は、一切使わないのがおすすめです。

これらから、昔ながらの製法で作っている
石鹸で体を洗うのが一番良さそうです。

『毛穴につまった皮脂をすっきり落とす』と化粧品会社は説明するが…

医師や、化粧品会社の宣伝などにある、

『毛穴につまった皮脂をすっきり落とす』

でもこれっておかしい。

この皮脂が塞いでいる場所が、顔そして頭皮に限定されているから。

そしてこれらの場所は、化粧品や生活用品を利用している場所と重なる。

これらの製品は、石油系素材がベース。

だからこれらの製品を利用していれば、石油系素材のカスが穴を塞ぐ可能性が非常に高い。

そして、その場所にホホバオイルを利用していると、これらのカスが流れでてキレイになる。

と言うことは、自分たちの製品で起きていることを隠して人間の体が良くないと説明している。

根本的に人間の体が自分の体に良くないことをするか?

という観点から考えると、医師や、化粧品や生活用品会社が言いふらしている論理は矛盾があると思う。