ステロイドは安全か?副作用8 塗った薬は、蓄積する。

ステロイドの説明で ステロイドは皮膚に累積しない

がありました。

あるドクターが、

塗り薬が長期に皮膚に残ると説明する人は、皮膚の代謝や生理に対する知識がないと人だと理解してください。

と解説していましたが、化粧品を長年使用してた人が、アロマを利用し始めた時に顔の皮膚がカサカサになり、そしてパラパラとはがれ落ちることは良くあります。そして化粧品などを利用していたところだけ、そのような事象が発生します。

ですから、『皮膚の代謝があるからステロイドはなくなる。』と
このドクターは主張していますが、ウソです。この医者の方がわかっていません。

そしてステロイドを6年も飲用していた女性が、ある時足首が痛いと
メールしてきてから、直ぐに足首の皮膚がバリバリになって
皮膚がはがれ落ちたケースがあります。写真もあります。

つまり、本物の自分の体で作られたステロイドは代謝出来るのですが、
人口のステロイドは若干構造が違うので人間の体は排出出来ないのです。

つまり、脱ステロイドをした時に皮膚がボロボロになるのは、
ステロイドを排出しようとしてなると言うのが正しいのです。
中医学では、皮膚は排泄器官です。

ステロイドを利用しなくてもアトピー性皮膚炎は
改善できました。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー肌はどうして茶色で固いのか?

アトピーで長い間ステロイドを利用した人の肌は、
茶色で固い皮膚が多いです。どうしてでしょうか?

原因はステロイドにあります。

ドクターは説明していませんが、原因は2つあります。

①ステロイドが皮膚組織の再生を抑える。
②化粧品・医薬品が利用している石油系素材に、感光作用がある。

理由1:
ステロイドだけでなく、医薬品はケミカル ストレスです。

製薬会社・ドクターは説明していませんが、薬を飲んでいると
体の機能を抑えます。これは、どんな医薬品を利用していても
共通しています。

随分前ですが、高血圧を抑える降圧剤
これを真面目に飲んでいる人は、早死しているとの
レポートが新聞に記載されていました。

これって、おかしいと思いませんか?

本来は、高すぎる血圧を抑えて長生き出来るようにと
気を使った人が、逆に早死してしまった。
←統計が示しています。

矛盾ですよね?

親族が聞いたら、なぜ!って怒りますよね?

でもこれが現実なのです。

そして、ステロイドをお肌に塗っていると、
お肌が茶色になるのはターン オーバーと
呼ばれるお肌の再生が、止まってしまうのです。

本来ならば、28日で一回転するはずなのです。

下に新しい組織を作り、そして一番上の皮膚が
垢となってハガレ落ちる。

これが皮膚再生のプロセスです。

ですが、下に皮膚組織を作るのが止まって
しまいます。

新しい組織が出来て入れ替わるから、
白いキレイなお肌になるのですが、
それがストップしたら?

一番上の皮膚組織に汚れが溜まり、
古い組織ですから、汚れも溜まり
茶色のえ〜っというお肌になってしまいます。

それではどうやって、キレイなお肌に戻せるのか?

ステロイドを切り、
お肌をキレイにするために、
お肌の皮膚再生を再開させるものを
お肌に塗るしかありません。

それに最適なのが、●●●●●●です。

●●●●●●を購入するには、
いろいろな相談を受け付けているところで
購入しましょう。

アトピーに良いと書いてあるサイトは
たくさんあります。でも、お客さん
お客さんによって対応方法は違います。

それに答えられそうなところから
購入しましょう。

理由2:
ちょっと長すぎたので、次回にします。

早めに脱ステロイドすることをお勧めします。

これがアトピ自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー改善で多くの人が誤っていること その2

多くの人が勘違いしている その2

リバウンドでよくある質問が、

『皮膚がガサガサになって来ましたが、
大丈夫でしょうか?』

とメールを頂きます。

最初に皮膚がどうやって常にキレイなお肌を
維持しているのかを知って下さい。

ちょっと思い出して欲しいのですが、
昆虫は固い殻で覆われていて、
脱皮を繰り返す事によって大きくなります。

人間の場合は、下に皮膚組織を作りその上にある
皮膚が垢となってはがれ落ちて皮膚表面を
入れ替えます。

このためにいつもお肌がキレイに見えるのです。

じゃあ、

『どうしてガサガサになるか?』

ですが、ガサガサになったところは、ステロイドや
ワセリンを利用していた場所ではありませんか?

ステロイドやワセリンは石油系素材です。

このため、これらを長期利用していると
お肌に石油系成分が残ります。

なので、これらの成分を塗らないように
なると、体がそれって残留している石油系
成分を排出しようとします。

つまりゆっくり垢となって剥がし落とすのではなく、
急速に皮膚組織をつくり、まとめて石油系由来の成分を
剥がし落とそうとするので、ガサガサを作ります。

なので、ステロイドを辞めてお肌が
ガサガサになっても心配する必要は
ありません。

何度も入れ替えして、お肌に不要な成分(石油系成分)を
除去できれば、自然と治まります。

安心して下さい。

アトピーはステロイドを塗る前にすることが
あります。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

アトピー改善で多くの人が誤っていること その1

多くの人が勘違いしているのが、

赤くなって悪化しましたとメールを頂きます。

ですが、血行が良くなると赤くなる場合が
あります。

白い肌であるのが良くと信じているために
ステロイドをどんどん塗ってしまうのですが、
脱ステロイドを始めると最初に来る質問が
コレです。

ステロイドなどの医薬品は、ケミカル ストレス
ですから抑えるのです。

大人アトピーがストレスでなると言われている
ように、ケミカル ストレスですから長い間
には良く有りません。

ですから、ステロイドをいきなり止めると、
ステロイドが来なくなるので体が、それって
頑張って元に戻ろうとするのが、
リバウンドです。

辛いでしょうが、それを乗り越えないと
最終的には健康には戻れません。

ちょっと赤くなったからとビクビクしないで
下さい。
←ちょっとの事で、慌てるからステロイドの
虜になってしまいます。もうちょっと落ち着いて
下さい。

アトピーはステロイドを塗る前にすることが
あります。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

アトピー改善 プロトピックの顔面使用は禁止のはずだが…

お客さんに何をご利用でしたかって聞いた時に
返ってくる中に、プロトピックの顔面使用が
あります。

本来【プロトピックは顔面使用禁止】のはずですが、
なぜが顔面にプロトピックを利用する医者が
結構います。

ステロイドだと嫌われるのでプロトピックだから
安心と処方するのでしょうか?

なので、今顔面にプロトピックを利用している
人は注意して下さい。

プロトピックは、以前アメリカで死亡ケースが
報告されています。

なので、利用方法によっては危険になりえますので、
注意して下さい。

しかし、なぜ無視する医者が多いのだろうか?

よく分かりません。

自分のところで死亡しなければ関係ない?
因果関係が証明されないだろうから関係ない?

の世界なのでしょうか?

そんな医者には罹りたく有りません。

脱ステロイド医師は、税金の無駄遣い(と思う)

良くアトピー治療で、散々ステロイドを利用させられてから、
脱ステロイドしたいと思うと、脱ステロイド治療の医師がいる。

あるお客さんから聞いた脱ステロイド医療の実態

・何度も病院に来るように言われる。
・病院では、患部を見せてオシマイ。
・薬は出さず見るだけ

だそうです。

これって何なのでしょうか?

・『○○して下さい。』とかも説明ない

ただ所見するだけ、

患者にしてみれば、忙しい時間を割いて
行っても、診るだけ。

結局、アトピーの原因がわかっていないから、
ステロイドを塗らないとどうなるのかを
診るだけになってしまう。

患者は、時間を取られて何を得るものが無い、
でも医者は、しっかりの所見料を請求できる。

これでは、患者は時間と交通費と仕事を切り上げれば
収入がダウン

でも医者はしっかりと請求をしてお金は入る。
←つまり税金から支払われる。(つまり税金泥棒)
←製薬会社からの○○がないから、税金から巻き上げないと
お金が取れないからでは?

何もしないのなら、患者が必要と思う時だけ
行けば良いように改めるべき。

医者の財布から考えないで下さい!

アトピー改善には忍耐が必要

アトピーとステロイドと言ったら、泣く子も黙るリバウンド

ステロイドが怖くなり、脱ステロイドを始めたら

真っ赤になった肌

かゆいと泣き叫ぶ子供

10年以上ステロイド漬けになった人は、大変です。

その点、女性は良いです。
体が酷くなったら、家事手伝いで家庭に引っ込めるから…。

男性は、そうは行きません。家庭のためにと、赤い顔をして一生懸命働いているお父さんもいます。
そういう男性を見るとスゴイなと思います。

話しを戻して、

お子さんが脱ステロイドするケースでよくあるのが、子供が泣き叫んでステロイドを塗ってしまったとの話しをよく聞きます。

なので、すぐにXXになったと過剰に反応しすぎです。

アトピーがどんな病気なのか、そしてステロイドがどんな薬なのか

それを知ったらリバウンドは怖く有りません。

医者は、この2点を無視しています。だから治せないのです。

リバウンドは、忍耐が必要です。ステロイドを利用した年数分、脱ステロイドにかかると思っておいてください。

結局ちょっとした事でステロイドを塗ってしまうからダメなのです。

ステロイドも化粧品も塗らないほうが良いです。お肌を痛めるからです。
それよりもナチュラルなホホバオイルがお勧めです。
ちゃんとアトピー改善の写真を公開しているサイトがあります。
いろいろと教えてくれるサイトから購入しましょう。

アトピーと合成界面活性剤の関連

アトピーで良く話題になる合成界面活性剤

アトピーの人って結構きれい好きの人が多いように思います。

アトピーでお肌が酷いから、余計にキレイにしようと思うからか、余計にお肌をゴシゴシと擦ってしまうようです。

ですが、これではお肌が一生懸命回復しようとしても、お肌を痛めてしまいます。

そして、アトピー肌は表面の保護膜が合成界面活性剤で破壊されているお肌です。

だからお肌を痛めないように、合成界面活性剤が入っているシャンプー・コンディショナーなどの製品を避けましょう。

昔ながらの製法で作った石鹸を使うことをお勧めします。

ですが、それだけでアトピーを改善することは出来ません。

二十歳をすぎれば、お肌を保護する皮脂膜を作るための材料の皮脂の供給が減ります。

それを補うためにはどうしたらよいか?

それが、今評判のホホバオイルです。

アトピーを改善すると評判のホホバオイルなら、インタッチ ホホバオイルです。

ちょっとグロテスクですが、改善した写真を公開しているので安心です。

他のサイトでは、アトピーをどうしたら良いかを相談出来ません。