アトピー性皮膚炎 赤ちゃんアトピーの原因に、早すぎる離乳食?

アトピー性皮膚炎 赤ちゃんアトピーの原因に、早すぎる離乳食?

これはあるオーストラリアのテレビ番組で
赤ちゃんアトピーの原因として、早すぎる固形食があると
報道していました。

10ヶ月も経過していないのに、固形食を
与えているとの話しをしていました。

ですが、その固形食は、
・アイスクリーム
・クッキー
などの様々な大メーカが作った加工食品でした。

日本もオーストラリアも変わらないですが、
大きなメーカー製のお菓子ってラベルを見ると
いろいろな合成XX と書かれた化学成分が入っています。

だから、このような食べ物を小さい時からあげていたら、
脳を含めた体が健全に育つか?疑問です。

1950年代から、大きなメーカーが作る
いろいろな加工食品が出回るようになってから
アトピーが騒がれるようになってきました。

もし赤ちゃんを大事にしたいのなら、
可能な限り、合成XXが入っている食べ物・飲み物を
上げるべきでないと思います。

何かをした直後に何かが起きれば、
最初の何かが犯人と特定できます。

ですが、長い時間を経過してから発覚しても、
因果関係を証明出来ません。
←だから分からない。

法律的には、

【疑わしくは罰せずです】

が、自分を守るためには、

【疑わしくは近寄らず】

です、何気ない日常生活の積み重ねが
アトピーの原因です。

生活習慣などの見直しをして下さい。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー性皮膚炎のお肌の保湿ケアは、なにが良いの?

アトピー肌って乾燥肌だから、心配になるのが保湿でしょう。

一般的には、ワセリン、化粧品会社の化粧水、そしてクリームでしょう。

化粧水を塗っただけでは、保湿されないので
その後に何らかの保湿をするための
クリームあるいはオイルが必要になってきます。

そして化粧品は石油系ベース素材が利用されているので、
知らない間に、副作用と言ったら大げさですが
これの感光作用でお肌を傷めます。

そして石油系オイルはなかなかお肌に
吸収されないので、いつまでもベタベタして
います。

なので、植物系オイルなら感光作用がないので、
アロマで利用されているオイルならお肌へも
浸透するので、お勧めです。

石油系素材は、皮膚の中まで吸収されず
表面にとどまってテカテカ光りますが、
お肌の皮膚組織の下まで浸透しないので
皮膚組織の下は乾燥しています。

コレに対してアロマのナチュラルオイルは
皮膚組織の中へと浸透します。

そして唯一ホホバオイルだけが、
細胞間脂質として累積します。
これがホホボオイルがアトピーに最適な理由です。

品質の良いオイルほどお肌に浸透する
ことでオイルの品質が分かります。

この点を知っておいて下さい。

結論
アロマで利用されているオイル
高品質のものは、非加熱 とか書かれています。
お肌への吸収が早いオイルが高品質です。

ブランドによってもお肌への浸透が違うので、
1ブランドでダメだから、
○○オイル がダメ と判断しないで下さい。

ですが、アトピーを改善するための
一番は、どうしてアトピーになっているかが
分かっている人に相談することです。

ドクターは知らないです。
←断言しても良いと思います。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー性皮膚炎の本当の原因は、タン白質・ビタミン・ミネラルの栄養素不足が原因???

タン白質・ビタミン・ミネラルの栄養素不足による皮膚炎・湿疹が発端になっているケースが大半

アトピー性皮膚炎は栄養欠損が原因とこのサイトには書かれています。

では本当のアトピー性皮膚炎の原因は栄養不足でなるのでしょうか?

その根拠として、

「乳児湿疹の多くは母乳もしくはミルク中の亜鉛欠乏が原因です。またビタミンB6、パントテン酸、ビオチンなどのビタミンB群の不足も皮膚炎や湿疹の原因になります。」

「アトピー性皮膚炎の方の皮膚は鳥肌のようにざらざらしていることが多く、これはビタミンA不足による分化異常(皮膚細胞が本来の正常な機能と形態をなさない)なのです。」

「ビタミンC・コレステロール・パントテン酸・ビタミンEなどが副腎でステロイドホルモンを作る際に必要になってきます。」

とあります。これらの点についてはアトピー性皮膚炎を改善のためのヒントになります。

ですが、アトピー自然療法実践会としては皮膚組織がどうして破壊されてしまうのか?
どうして、赤くかゆみを感じてしまうのか?等

の要因を解決してあげないと、なかなか改善していると感じない人が多いのは確かです。

もっと身近なところにアトピー性皮膚炎の原因があります。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピーの本当の原因は砂糖?

アトピーの人が言われることに、
砂糖を控えるがあります。

まさに、

【アトピーの原因は砂糖】

と言いたいようです。

砂糖が良くないと言われる原因は、
砂糖を摂りすぎると、

・ビタミンBを浪費する。
・腸内でカンジダというカビ類が増殖する。

腸内が汚れるからなると説明しています。

ここまで読んだ人は、どうして皮膚で起きている
ことと、体内で起きている事の関連が分からない
と思います。

中医学では、皮膚は排泄器官と説明しています。

つまり、大便・小水として排泄出来ないものを
皮膚から排泄するからです。

汗もあるいみ小水と同じです。だから舐めると
ピリっとします。

昔からサウナが良いのは、小水で排出されない
部分を汗で排出するには汗が一番です。

だから、アトピーを悪化させる要因の一つ
であることは正しいです。が、本質ではありません。

だから、砂糖を避けて人工甘味料と考える人が
いるでしょうが、人工甘味料はもっと体に良くないです。

化学的に合成して作ったものは、砂糖などと
比較したら、もっと体には良く有りません。

エネジー ブースターなる飲料水は
化学成分のオンパレードで毎日飲む飲料では
ありません。

もし貴女が、より健康な生活を求めているのなら、
本当のナチュラルなものだけを取り入れる
生活に戻るべきです。

砂糖はアトピーを悪化させる要因の一つと言えますが、
本質の原因ではありません。

もっと身近なところにアトピーの原因があります。

【アトピーは、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピーでも肉・魚が必要な理由

アトピー療法として、肉・魚の動物性たんぱく質を
控えることを薦めている人がいます。

前回は、それは短期的であって、長期的には
身体のためにも良くないことを説明しました。

そして、もう一つ理由があります。

貴女の身体を保護しているのは、
皮膚です。

その皮膚は、どんな物質で出来ています?

液体?植物性物質?動物性物質?骨?

このなかで、どれでしょう?

明らかに、動物性物質です。

バッグなどに使われている皮革と
同じですよね?

今は、どうもやらないようですが、

昔は、本皮のバックや靴を購入して
最初にすることは、

ワックスがけでした。

本文の本皮のバックを買って、
最初にすることは、
何度もワックスを塗って、
本皮のバッグがピカピカになるまで
ワックスを染み込ませて磨きます。

これをすることにより、
本皮のバックは艶が出て、
雨に濡れても水をはじく
丈夫なバックになります。

これって何かに似ていませんか?

貴女のアトピーになってしまった、
お肌と同じなのです。

お肌は、動物性たんぱく質ですし、
皮を保水するにはワックスが必要です。

ですが、ワセリンはワックスではないので、
お肌には良くないのです。そして普通の
オイルをお肌に塗ってもオイルなので、
お肌に蓄積しません。

貴女のお肌を大事にしたいのなら、
ナチュラルな植物性液体ワックス(ホホバオイル)
があるので、
それをお肌に塗ることによって、
お肌を保護することが出来ます。

これがアトピ自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピーの食事療法(肉を控えて野菜中心の食生活)を誤ると…

アトピーの人に必要と書かれている、
肉を控えて野菜中心の食生活

アレルギーが、鶏肉、鶏卵などのタンパク質系
のものが多いので、それを控えるために
野菜を中心の食生活を推奨されています。

脂を控えるためにファーストフードを控える。

このような食事療法を良く見ます。

ですが、これには欠点があります。

理由は、短期的解決と長期的解決とは逆の場合が多いからです。

人間の身体を考えると、
骨格があり、そしてそれを動かす筋肉があります。

人間の生命を維持するためには、
筋肉が必要です。老人が動けなくなるのは
筋肉が足りないからです。

筋肉を作るためには、
必須アミノ酸が必要となりますが、
植物性タンパク質だけでは、
それを補えません。

それが証拠に、ベジタリアンは体温は低めで
短命です。

だから人間は動物性タンパク質を採り続けなければ
なりません。
←これが長期的解決です。

これに対し、短期的解決は
『ファーストフード・脂っこい食事』
←つまり肉・魚類
を控えると話しています。

ここで逆と怒らないで下さい。

長期的解決と短期的解決は
往々にして逆のケースが多いのです。

つまり短期的解決は、ずっと続けるものではなく、
調整として利用すべきものなのです。

時々、身体の調整する事は必要です。
ですが、これを長期的に継続すると、
身体を壊す可能性があります。

この点を知っておいて下さい。

これがアトピ自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピーの本当の原因として、リノール酸が原因???

アトピーの原因 シリーズ リノール酸?

アトピーの原因としてリノール酸があげられていました。リノール酸は
不飽和脂肪酸でオメガ6系(油の種類です。)の必須脂肪酸でもあります。

このためノール酸は、必要な量を採る必要があります。
オイルとしては、ベニバナ油(サフラワー油)やコーン油に多く
含まえると言われています。

オメガ6系のオイルを適正に採っていると、
血中コレステロールや中間脂肪を一時的に低下させる
効果があると言われています、

また、肌の保湿や、ニキビなどに対する局所的な抗炎症作用
が知られ、化粧品にも使われています。

オメガ6系オイルは、オメガ3系オイルとのバランスが必要で、
現在の食事は、オメガ6系オイルの過剰摂取状態のため、
アレルギーを悪化させたり、大腸癌などのリスクを高めると言われています。

この頃オリーブオイルが良いと言われているのは、
オリーブオイルは、オメガ9系のオイルであり、
このような摂取過剰による、障害が無いと言われているため、
推奨されています。

念のために書いておきますが、オイルフリーとか
ファット フリーとこの頃言われていますが、
このオメガ6系オイル過剰->オイル フリーは過剰
反応です。

オメガ3系オイルをより摂取することが必要です。

オイルを採らないというのも、体が必要が成分を採らない
事になるため、これも逆に不健康は食事になってしまいます。

オメガX系オイルのバランスを図るのが大事です。

アトピー改善のためには、日々の生活として心がける
項目の一つです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

加工食品ばかりを食べていると…Part4

加工食品ばかり食べていると シリーズ4

人間が長い間どんなものを食べていたのでしょうか?

昔は狩猟生活をしていて、農耕生活への
変化してきました。

そしてベジタリアンは不健康だということも
お話ししました。

人間は、野菜や果物を生のままで食べて来ました。

今アメリカでは、肉を生で食べている人達が
います。可能な限り加工・調理していない
肉を食べるという考えです。

←個人的に私もこの考えが好きです。
日本では食べられない牛の生肝臓を
刺身で食べるのが好きです。
ちゃんと新鮮なレバーを購入して下さい。

←酵素を体に取り入れるため。10年以上
このような生活をしていますが、
大病に掛かっていません。風邪ぐらいは
ありますよ。

どうしてそのようなことをするのか?

人間が何万年もしてきた生活に戻ることが
体を再構成するために負担を書けないという
のが背景にあります。

野菜を生で食べるのも同じ考えです。

魚を刺身で食べるでしょ?

加工することによって、消化するための
酵素は破壊されます。

そして、それこそ加工食品ですから
その素材がどんな素材に作られているか
分かりません。

わざわざ加工して鮮度が落ちて、
必要なものが欠落し、
体を傷めるかもしれないものが
入り込んでいる食品を食べる必要はないです。

自分の体は自分で守るしかありません。

加工食品ばかりを食べていると…Part3

加工食品で怖いのは、どんな食材を利用しているのかが
分からないことです。

オーストラリアのあるスーパーマーケット会社は、
販売している牛肉、豚肉などの食肉は、ホルモンを
入れていない餌で飼育したと、宣伝して売上が
上がっているようです。
←私は昔からオーガニッックの食肉店で購入しています。

健康を考えると食肉入っているホルモンが
どのようになるのか分かっていないのです。

男の子が女の子へ性転換してしまう。

急増している原因不明な病気

何が原因でそのような事態を引き起こしているか
分からない状況です。

だから、可能な限り訳の分からない化学成分が入っている
食材を避けることが安全のための近道です。

加工食品ばかりを食べていると…Part2

加工食品について、次の考察

加工食品を食べ続けるのが良くないのか?

Youtubeにこんなビデオがあるのですが、
見たことありますか?

この2つYutubeのビデオを見て下さい。
The World’s First Bionic Burger

Immortal McHorror burger is 6 month old, looks just like new…

ある有名なハンバーガー チェーンのハンバーガーが腐らない
そうです。しかも、何年も…。

たぶんこれを見たらもう食べられそうもないような
気がします。

もともとこのチェーンのバーガーが好きで
ないのですが、オーストラリアの別のチェーンの
バーガーも美味しく無くなったので、
もうハンバーチェーンのを食べる気がしません。

自分でミンチから作った方がより安全です。

加工食品は、このように何が入っているのか
分かりません。

だから、自分で調理した方が安全です。