アトピー性皮膚炎 赤ちゃんアトピーの原因に、早すぎる離乳食?

アトピー性皮膚炎 赤ちゃんアトピーの原因に、早すぎる離乳食?

これはあるオーストラリアのテレビ番組で
赤ちゃんアトピーの原因として、早すぎる固形食があると
報道していました。

10ヶ月も経過していないのに、固形食を
与えているとの話しをしていました。

ですが、その固形食は、
・アイスクリーム
・クッキー
などの様々な大メーカが作った加工食品でした。

日本もオーストラリアも変わらないですが、
大きなメーカー製のお菓子ってラベルを見ると
いろいろな合成XX と書かれた化学成分が入っています。

だから、このような食べ物を小さい時からあげていたら、
脳を含めた体が健全に育つか?疑問です。

1950年代から、大きなメーカーが作る
いろいろな加工食品が出回るようになってから
アトピーが騒がれるようになってきました。

もし赤ちゃんを大事にしたいのなら、
可能な限り、合成XXが入っている食べ物・飲み物を
上げるべきでないと思います。

何かをした直後に何かが起きれば、
最初の何かが犯人と特定できます。

ですが、長い時間を経過してから発覚しても、
因果関係を証明出来ません。
←だから分からない。

法律的には、

【疑わしくは罰せずです】

が、自分を守るためには、

【疑わしくは近寄らず】

です、何気ない日常生活の積み重ねが
アトピーの原因です。

生活習慣などの見直しをして下さい。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピーの本当の原因として、リノール酸が原因???

アトピーの原因 シリーズ リノール酸?

アトピーの原因としてリノール酸があげられていました。リノール酸は
不飽和脂肪酸でオメガ6系(油の種類です。)の必須脂肪酸でもあります。

このためノール酸は、必要な量を採る必要があります。
オイルとしては、ベニバナ油(サフラワー油)やコーン油に多く
含まえると言われています。

オメガ6系のオイルを適正に採っていると、
血中コレステロールや中間脂肪を一時的に低下させる
効果があると言われています、

また、肌の保湿や、ニキビなどに対する局所的な抗炎症作用
が知られ、化粧品にも使われています。

オメガ6系オイルは、オメガ3系オイルとのバランスが必要で、
現在の食事は、オメガ6系オイルの過剰摂取状態のため、
アレルギーを悪化させたり、大腸癌などのリスクを高めると言われています。

この頃オリーブオイルが良いと言われているのは、
オリーブオイルは、オメガ9系のオイルであり、
このような摂取過剰による、障害が無いと言われているため、
推奨されています。

念のために書いておきますが、オイルフリーとか
ファット フリーとこの頃言われていますが、
このオメガ6系オイル過剰->オイル フリーは過剰
反応です。

オメガ3系オイルをより摂取することが必要です。

オイルを採らないというのも、体が必要が成分を採らない
事になるため、これも逆に不健康は食事になってしまいます。

オメガX系オイルのバランスを図るのが大事です。

アトピー改善のためには、日々の生活として心がける
項目の一つです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

加工食品ばかりを食べていると…Part4

加工食品ばかり食べていると シリーズ4

人間が長い間どんなものを食べていたのでしょうか?

昔は狩猟生活をしていて、農耕生活への
変化してきました。

そしてベジタリアンは不健康だということも
お話ししました。

人間は、野菜や果物を生のままで食べて来ました。

今アメリカでは、肉を生で食べている人達が
います。可能な限り加工・調理していない
肉を食べるという考えです。

←個人的に私もこの考えが好きです。
日本では食べられない牛の生肝臓を
刺身で食べるのが好きです。
ちゃんと新鮮なレバーを購入して下さい。

←酵素を体に取り入れるため。10年以上
このような生活をしていますが、
大病に掛かっていません。風邪ぐらいは
ありますよ。

どうしてそのようなことをするのか?

人間が何万年もしてきた生活に戻ることが
体を再構成するために負担を書けないという
のが背景にあります。

野菜を生で食べるのも同じ考えです。

魚を刺身で食べるでしょ?

加工することによって、消化するための
酵素は破壊されます。

そして、それこそ加工食品ですから
その素材がどんな素材に作られているか
分かりません。

わざわざ加工して鮮度が落ちて、
必要なものが欠落し、
体を傷めるかもしれないものが
入り込んでいる食品を食べる必要はないです。

自分の体は自分で守るしかありません。

加工食品ばかりを食べていると…Part3

加工食品で怖いのは、どんな食材を利用しているのかが
分からないことです。

オーストラリアのあるスーパーマーケット会社は、
販売している牛肉、豚肉などの食肉は、ホルモンを
入れていない餌で飼育したと、宣伝して売上が
上がっているようです。
←私は昔からオーガニッックの食肉店で購入しています。

健康を考えると食肉入っているホルモンが
どのようになるのか分かっていないのです。

男の子が女の子へ性転換してしまう。

急増している原因不明な病気

何が原因でそのような事態を引き起こしているか
分からない状況です。

だから、可能な限り訳の分からない化学成分が入っている
食材を避けることが安全のための近道です。

加工食品ばかりを食べていると…Part2

加工食品について、次の考察

加工食品を食べ続けるのが良くないのか?

Youtubeにこんなビデオがあるのですが、
見たことありますか?

この2つYutubeのビデオを見て下さい。
The World’s First Bionic Burger

Immortal McHorror burger is 6 month old, looks just like new…

ある有名なハンバーガー チェーンのハンバーガーが腐らない
そうです。しかも、何年も…。

たぶんこれを見たらもう食べられそうもないような
気がします。

もともとこのチェーンのバーガーが好きで
ないのですが、オーストラリアの別のチェーンの
バーガーも美味しく無くなったので、
もうハンバーチェーンのを食べる気がしません。

自分でミンチから作った方がより安全です。

加工食品は、このように何が入っているのか
分かりません。

だから、自分で調理した方が安全です。