アトピーの本当の原因は砂糖?

アトピーの人が言われることに、
砂糖を控えるがあります。

まさに、

【アトピーの原因は砂糖】

と言いたいようです。

砂糖が良くないと言われる原因は、
砂糖を摂りすぎると、

・ビタミンBを浪費する。
・腸内でカンジダというカビ類が増殖する。

腸内が汚れるからなると説明しています。

ここまで読んだ人は、どうして皮膚で起きている
ことと、体内で起きている事の関連が分からない
と思います。

中医学では、皮膚は排泄器官と説明しています。

つまり、大便・小水として排泄出来ないものを
皮膚から排泄するからです。

汗もあるいみ小水と同じです。だから舐めると
ピリっとします。

昔からサウナが良いのは、小水で排出されない
部分を汗で排出するには汗が一番です。

だから、アトピーを悪化させる要因の一つ
であることは正しいです。が、本質ではありません。

だから、砂糖を避けて人工甘味料と考える人が
いるでしょうが、人工甘味料はもっと体に良くないです。

化学的に合成して作ったものは、砂糖などと
比較したら、もっと体には良く有りません。

エネジー ブースターなる飲料水は
化学成分のオンパレードで毎日飲む飲料では
ありません。

もし貴女が、より健康な生活を求めているのなら、
本当のナチュラルなものだけを取り入れる
生活に戻るべきです。

砂糖はアトピーを悪化させる要因の一つと言えますが、
本質の原因ではありません。

もっと身近なところにアトピーの原因があります。

【アトピーは、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー肌はなぜかゆい?

アトピー肌の特徴として気になるのが、

【痒い】

でしょう。

ドクターは、乾燥した肌だからかゆみを
感じると説明していますが、これだけでは
ありません。

乾燥以外にも

●●● だったり、
●● だったり、
複数の要因が一緒になってかゆくなります。

アトピーって複数要因が寄り集まってなるので
分かり難いのです。

そしてかゆみを止めるには、
体の内部で起きていることを含めて
改善をすることによって、かゆみが止まります。

それは体の中で起こっているプロセスを
理解すると分かります。

ステロイドなどの医薬品、変な化粧品、ワセリン
ではなく、ナチュラルなものでお肌を傷めずに
改善する方法をお勧めします。

貴女の体全体を見つめましょう。

それがアトピー改善の第一歩です。

これがアトピ自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピーでボロボロのお肌を、どうキレイにするか?

アトピーで傷んだお肌を、どう綺麗なお肌にするか?

前回、古くなったお肌を落とすのに、
単純アルカリ質の温泉をお勧めしました。

その次に、どうやってお肌を再生するかを
考える必要があります。

多分ご存知のようにステロイドは皮膚再生を
抑えます。←だからお肌が茶色になります。

お肌のターンオーバーが止まってしまうから
お肌が茶色になってしまうからです。

だから、皮膚再生が出来る余力がある状態の時に、
脱ステロイドをすると、皮膚再生が始まり
多くの人が怖がっているリバウンドが始まります。

だから、アトピー自然療法実践会では、
リバウンドを恐れないようにお勧めしています。

だから、ステロイドを早めに切ることを
お勧めします。もしくは、ステロイドを
徐々に伸ばしながら利用することを
お勧めします。

リバウンドが示すように、
ステロイドはアトピーを根治治療しないから
です。

これがアトピ自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。
アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピーの本当の原因として、リノール酸が原因???

アトピーの原因 シリーズ リノール酸?

アトピーの原因としてリノール酸があげられていました。リノール酸は
不飽和脂肪酸でオメガ6系(油の種類です。)の必須脂肪酸でもあります。

このためノール酸は、必要な量を採る必要があります。
オイルとしては、ベニバナ油(サフラワー油)やコーン油に多く
含まえると言われています。

オメガ6系のオイルを適正に採っていると、
血中コレステロールや中間脂肪を一時的に低下させる
効果があると言われています、

また、肌の保湿や、ニキビなどに対する局所的な抗炎症作用
が知られ、化粧品にも使われています。

オメガ6系オイルは、オメガ3系オイルとのバランスが必要で、
現在の食事は、オメガ6系オイルの過剰摂取状態のため、
アレルギーを悪化させたり、大腸癌などのリスクを高めると言われています。

この頃オリーブオイルが良いと言われているのは、
オリーブオイルは、オメガ9系のオイルであり、
このような摂取過剰による、障害が無いと言われているため、
推奨されています。

念のために書いておきますが、オイルフリーとか
ファット フリーとこの頃言われていますが、
このオメガ6系オイル過剰->オイル フリーは過剰
反応です。

オメガ3系オイルをより摂取することが必要です。

オイルを採らないというのも、体が必要が成分を採らない
事になるため、これも逆に不健康は食事になってしまいます。

オメガX系オイルのバランスを図るのが大事です。

アトピー改善のためには、日々の生活として心がける
項目の一つです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

アトピーの人から問い合わせがありました。

アトピーの人から問い合わせがありました。

全身にアトピーがあるということで、写真を頂きました。

確かに、顔から脚までアトピーが全身にあります。

多くの人がアトピーはステロイドで治らないと、
知っていると思いますが、いざ医者に行くと
出されるのは、ステロイドの類い

酷いと、制約会社が顔面禁止としているプロトピックを
顔面にと出してきます。

これでは、医者は製薬会社の指示を無視しているから、
製薬会社の責任は無いと逃げる口実を与えている
ことに、、、。

多くの人が陥っているのは、最初はステロイドを塗って
いても、段々強くなるステロイドでも治らなくなり、
最後はリバウンドが怖くなり、脱ステロイドして爆発

男女平等という建前があるにしても、
女性はアトピーが酷くなったら家事手伝いと履歴書に
書けるが、男性がこれを書いたら???と思われてしまう。

この点女性の方が圧倒的に、アトピー改善には有利です。

話を戻して、

奥さんに、いろいろ大変と思いますが、徐々に
進めましょう。

旦那さんを励まして、下さいねって、お願いしました。

アトピーは、数項目を改善すれば徐々に改善してきます。
100%とは言えませんが高確率で改善します。

アトピーは、単一要因でなくて、複合要因でなります。
当然個人個人によって最初の要因はかわってきます。

アトピー改善にステロイドは要りません。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

アトピー改善で多くの人が誤っていること その2

多くの人が勘違いしている その2

リバウンドでよくある質問が、

『皮膚がガサガサになって来ましたが、
大丈夫でしょうか?』

とメールを頂きます。

最初に皮膚がどうやって常にキレイなお肌を
維持しているのかを知って下さい。

ちょっと思い出して欲しいのですが、
昆虫は固い殻で覆われていて、
脱皮を繰り返す事によって大きくなります。

人間の場合は、下に皮膚組織を作りその上にある
皮膚が垢となってはがれ落ちて皮膚表面を
入れ替えます。

このためにいつもお肌がキレイに見えるのです。

じゃあ、

『どうしてガサガサになるか?』

ですが、ガサガサになったところは、ステロイドや
ワセリンを利用していた場所ではありませんか?

ステロイドやワセリンは石油系素材です。

このため、これらを長期利用していると
お肌に石油系成分が残ります。

なので、これらの成分を塗らないように
なると、体がそれって残留している石油系
成分を排出しようとします。

つまりゆっくり垢となって剥がし落とすのではなく、
急速に皮膚組織をつくり、まとめて石油系由来の成分を
剥がし落とそうとするので、ガサガサを作ります。

なので、ステロイドを辞めてお肌が
ガサガサになっても心配する必要は
ありません。

何度も入れ替えして、お肌に不要な成分(石油系成分)を
除去できれば、自然と治まります。

安心して下さい。

アトピーはステロイドを塗る前にすることが
あります。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。