ステロイドは安全か?副作用6 皮膚萎縮

ステロイドの副作用で、皮膚萎縮があったので調べてみました。

以前にも書いていますが、医薬品はケミカル ストレスです。

だから体の様々な機能を低下させます。典型的なのが皮膚再生の低下です。

これが、原因で皮膚再生(ターン オーバー)のスピード(通常28日で一回転)が低下するために、肌の色が茶色になってしまいます。そして強いステロイドを長期利用すると、それが原因で皮膚萎縮になってしまう…。ことが確認できました。

ある質問サイトで見つけた、皮膚萎縮についての回答

ステロイド外用剤を長く塗っていると、皮膚の厚さの大部分を占める膠原線維が減ってくる為に、皮膚が萎縮して薄くなってくる場合があります。強いステロイド剤を長期間にわたり連続的に用いた時に見られますが、弱いステロイドや、強いものでも過度にたくさん使っていない場合には、皮膚萎縮は見られないといわれております。表面にちりめん状の細かいしわがよる、下の静脈が透けて見える、つまむと薄い感じがするなどの症状が現れますが、痛みや痒みはないため、気付いていないことが多いようです。塗るのを止めると徐々に回復していくはずです。但し加齢とともに、回復が遅くなる傾向があるようです。
※皮膚萎縮は、顔面に出ていますか?顔面の場合、特にステロイドの副作用が出やすいので、注意が必要なのです。長期間塗っていると、毛細血管拡張、皮膚萎縮、ニキビ様発疹が目立つようになり、これを、しゅさ様皮膚炎と呼んでいます。ステロイド剤は直ちに止めなくてはなりません。それにより、一時的に、腫れ、ほてり感、赤み、が強くなり非常に悪化するでしょう。しかし、ひどいのは1~2週間で、以後は徐々に治っていくはずです。しゅさ様皮膚炎は、患者さんに最も苦痛を与える副作用であり、決して起こしてはならないもののひとつです。顔面には強いステロイド剤は用いず、使用期間も必要最小限にとどめなければなりません。きちんと定期的に診察しアドバイスが出来る専門医なら防ぐことができるはずですから、現在おかかりの医院?は替わられた方がよいでしょう。
※スタデルム軟膏やアンダーム軟膏には、しゅさ様皮膚炎に適応がありますので、この様な消炎剤の入った軟膏類を併用することで対処するしかないと思います。

アトピー性皮膚炎は、体を機能を抑えることより活性化させることによって、改善出来ます。

ステロイドを利用しなくてもアトピー性皮膚炎は
改善できました。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー肌はなぜかゆい?

アトピー肌の特徴として気になるのが、

【痒い】

でしょう。

ドクターは、乾燥した肌だからかゆみを
感じると説明していますが、これだけでは
ありません。

乾燥以外にも

●●● だったり、
●● だったり、
複数の要因が一緒になってかゆくなります。

アトピーって複数要因が寄り集まってなるので
分かり難いのです。

そしてかゆみを止めるには、
体の内部で起きていることを含めて
改善をすることによって、かゆみが止まります。

それは体の中で起こっているプロセスを
理解すると分かります。

ステロイドなどの医薬品、変な化粧品、ワセリン
ではなく、ナチュラルなものでお肌を傷めずに
改善する方法をお勧めします。

貴女の体全体を見つめましょう。

それがアトピー改善の第一歩です。

これがアトピ自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー肌はどうして茶色で固いのか?

アトピーで長い間ステロイドを利用した人の肌は、
茶色で固い皮膚が多いです。どうしてでしょうか?

原因はステロイドにあります。

ドクターは説明していませんが、原因は2つあります。

①ステロイドが皮膚組織の再生を抑える。
②化粧品・医薬品が利用している石油系素材に、感光作用がある。

理由1:
ステロイドだけでなく、医薬品はケミカル ストレスです。

製薬会社・ドクターは説明していませんが、薬を飲んでいると
体の機能を抑えます。これは、どんな医薬品を利用していても
共通しています。

随分前ですが、高血圧を抑える降圧剤
これを真面目に飲んでいる人は、早死しているとの
レポートが新聞に記載されていました。

これって、おかしいと思いませんか?

本来は、高すぎる血圧を抑えて長生き出来るようにと
気を使った人が、逆に早死してしまった。
←統計が示しています。

矛盾ですよね?

親族が聞いたら、なぜ!って怒りますよね?

でもこれが現実なのです。

そして、ステロイドをお肌に塗っていると、
お肌が茶色になるのはターン オーバーと
呼ばれるお肌の再生が、止まってしまうのです。

本来ならば、28日で一回転するはずなのです。

下に新しい組織を作り、そして一番上の皮膚が
垢となってハガレ落ちる。

これが皮膚再生のプロセスです。

ですが、下に皮膚組織を作るのが止まって
しまいます。

新しい組織が出来て入れ替わるから、
白いキレイなお肌になるのですが、
それがストップしたら?

一番上の皮膚組織に汚れが溜まり、
古い組織ですから、汚れも溜まり
茶色のえ〜っというお肌になってしまいます。

それではどうやって、キレイなお肌に戻せるのか?

ステロイドを切り、
お肌をキレイにするために、
お肌の皮膚再生を再開させるものを
お肌に塗るしかありません。

それに最適なのが、●●●●●●です。

●●●●●●を購入するには、
いろいろな相談を受け付けているところで
購入しましょう。

アトピーに良いと書いてあるサイトは
たくさんあります。でも、お客さん
お客さんによって対応方法は違います。

それに答えられそうなところから
購入しましょう。

理由2:
ちょっと長すぎたので、次回にします。

早めに脱ステロイドすることをお勧めします。

これがアトピ自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会