アトピーの本当の原因は【たんぱく質沈着が原因】だった?

アトピーの本当の原因をネットで検索していて見つけたのが、

【たんぱく質沈着が原因でアトピーになる。】

????

ドクターはいろいろ楽しい原因を探してくれます。

アトピー性皮膚炎の患者に、その特有なタンパク質の沈着が
あったとして、それがどのように皮膚損傷とか
かゆみに関連するのでしょうか?
←分かりません。

そしてこれが、

日本皮膚科学会の診断基準の
①かゆみ、
②特徴的な皮疹とその分布、
③慢性・反復性の経過

に該当するのでしょうか?

どこが理解出来ないのかというと、
仮に、

【アトピーの原因はたんぱく質沈着が原因】

が正しいとして、

アトピーが出たり引っ込んだりするのを
どう説明するのでしょうか?

沈着したのなら、どんどんと累積しませんか?

ところが

日本皮膚科学会の診断基準にある【反復性の経過】

を満足しないのでは?

沈着したものが、除外されてしばらくすると
また沈着するからアトピーになると言えますよね?

そこが、この理論の信憑性が怪しいと思っている
根拠です。

そんな【たんぱく質沈着】

とかいろいろ言わなくても、アトピーが改善出来ました。

もっと身近なところにアトピーの原因があります。

【アトピーは、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会