アトピー性皮膚炎の本当の原因は、タン白質・ビタミン・ミネラルの栄養素不足が原因???

タン白質・ビタミン・ミネラルの栄養素不足による皮膚炎・湿疹が発端になっているケースが大半

アトピー性皮膚炎は栄養欠損が原因とこのサイトには書かれています。

では本当のアトピー性皮膚炎の原因は栄養不足でなるのでしょうか?

その根拠として、

「乳児湿疹の多くは母乳もしくはミルク中の亜鉛欠乏が原因です。またビタミンB6、パントテン酸、ビオチンなどのビタミンB群の不足も皮膚炎や湿疹の原因になります。」

「アトピー性皮膚炎の方の皮膚は鳥肌のようにざらざらしていることが多く、これはビタミンA不足による分化異常(皮膚細胞が本来の正常な機能と形態をなさない)なのです。」

「ビタミンC・コレステロール・パントテン酸・ビタミンEなどが副腎でステロイドホルモンを作る際に必要になってきます。」

とあります。これらの点についてはアトピー性皮膚炎を改善のためのヒントになります。

ですが、アトピー自然療法実践会としては皮膚組織がどうして破壊されてしまうのか?
どうして、赤くかゆみを感じてしまうのか?等

の要因を解決してあげないと、なかなか改善していると感じない人が多いのは確かです。

もっと身近なところにアトピー性皮膚炎の原因があります。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会