アトピー性皮膚炎のお肌の保湿ケアは、なにが良いの?

アトピー肌って乾燥肌だから、心配になるのが保湿でしょう。

一般的には、ワセリン、化粧品会社の化粧水、そしてクリームでしょう。

化粧水を塗っただけでは、保湿されないので
その後に何らかの保湿をするための
クリームあるいはオイルが必要になってきます。

そして化粧品は石油系ベース素材が利用されているので、
知らない間に、副作用と言ったら大げさですが
これの感光作用でお肌を傷めます。

そして石油系オイルはなかなかお肌に
吸収されないので、いつまでもベタベタして
います。

なので、植物系オイルなら感光作用がないので、
アロマで利用されているオイルならお肌へも
浸透するので、お勧めです。

石油系素材は、皮膚の中まで吸収されず
表面にとどまってテカテカ光りますが、
お肌の皮膚組織の下まで浸透しないので
皮膚組織の下は乾燥しています。

コレに対してアロマのナチュラルオイルは
皮膚組織の中へと浸透します。

そして唯一ホホバオイルだけが、
細胞間脂質として累積します。
これがホホボオイルがアトピーに最適な理由です。

品質の良いオイルほどお肌に浸透する
ことでオイルの品質が分かります。

この点を知っておいて下さい。

結論
アロマで利用されているオイル
高品質のものは、非加熱 とか書かれています。
お肌への吸収が早いオイルが高品質です。

ブランドによってもお肌への浸透が違うので、
1ブランドでダメだから、
○○オイル がダメ と判断しないで下さい。

ですが、アトピーを改善するための
一番は、どうしてアトピーになっているかが
分かっている人に相談することです。

ドクターは知らないです。
←断言しても良いと思います。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会