ステロイドは安全か?副作用5 皮膚の感染症の悪化や誘発

アトピー性皮膚炎改善するためのステロイドの副作用に、
どんな症例が認知されているのかを調べてみました。

今回の副作用は、

【水虫、カンジタ、尋常性疣贅、かい癬などの皮膚の感染症の悪化や誘発】

です。

これらの感染症の悪化から考えられるのは、

ケース1:
ステロイドによって過剰反応をしている免疫機能を抑え
正常レベルにする。

ケース2:
ステロイドによって、免疫が通常レベルより抑えられている。

のどちらと考えるべきかです。

つまり、この症状が出ているのなら、ケース2の方が
正しいのではと、考えざろうえないと思います。

また、ステロイドを長期利用した場合に、

・アトピー性皮膚炎で苦しんでいる症状 と
・副作用として出てきている症状

を比較した時に、どっちの方が症状として軽いと考えているのでしょうか?

これによっても、長期利用の可否の判断が違ってくる可能性があります。

貴方は、どっちがの方が好ましいと考えられますか?

ステロイドを利用しなくてもアトピー性皮膚炎は
改善できました。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

ステロイドの副作用として認識されている症状リスト

ステロイドの副作用として認識されている症状

ネットで調べて見つけたステロイドの副作用一覧です。複数サイトから作成したリストです。

皮膚系
皮膚の感染症の悪化や誘発
座瘡様発疹
満月様顔貌
多毛症
脱毛
皮下出血
皮膚線条、皮膚萎縮
発汗異常・多汗
皮膚の萎縮
塗った場所が赤くなる
色素脱失
毛細血管拡張・血管収縮
湿疹・角化症様
疣贅(イボ)
塗り薬にかぶれる
エリテマトーデス様皮疹
野牛肩
浮腫(ふしゅ)・浮腫み(むくみ)
酒さ様皮膚炎(ステロイドざ瘡、口囲皮膚炎)
皮下溢血【ひかいっけつ】ステロイド紫斑
色素沈着
*(水虫、カンジタ、尋常性疣贅、かい癬など)
筋肉系
ステロイド筋症
胸肉苦悶、
筋脱力、筋萎縮
筋肉痛
関節痛
骨格
骨折
骨粗鬆症
低身長
大腿骨頭壊死症
消化器系障害
糖尿病・過血糖
副腎不全、離脱症候群
高血圧・体重増加・中心性肥満
多尿
異常脂肪沈着
下痢
むねやけ
咽喉の渇き
食欲異常亢進
食欲不振・食欲増進
腹痛
便秘、鼓腸
味覚・嗅覚の低下
消化管潰瘍
血液・血管障害
動脈硬化病変(心筋梗塞、脳梗塞、動脈瘤、血栓症)
白血球増多(増加)
白血球減少
高血圧・血圧上昇
血管炎
不整脈
うっ血性心不全
低カリウム血症
吐血、下血
心悸亢進、心電図異常
低カリウム血症
眼科
白内障
緑内障
眼球突出
眼圧(眼球内部の圧力)の上昇
生殖機能
月経異常・生理不順
海綿体・陰茎・陰核亀頭の肥大
性器出血
性欲減退
精神神経障害
精神障害、精神変調、うつ状態
中枢神経興奮性亢進
頭痛、多幸症
憂うつ症、悪心
その他
甲状腺機能低下
易疲労性、条件条溝
四肢温感、歯痛
発熱
不眠

ステロイドの副作用がこれだけあると、医者が患者に勝手にステロイドを辞めるなって叫んでも、患者が辞めるのは当然でしょう。

ステロイドを利用しなくても、アトピー性皮膚炎は改善されました。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

ステロイドは安全か?副作用4 血管収縮作用

ステロイドはどんな薬かを改めて認識したい。

あるサイトに書いてあった内容を引用

ステロイド剤は、抗炎症作用のほかに、抗体産生抑制作用、リンパ球障害作用、血管収縮作用、気管支拡張作用などがある。しかしステロイド剤のこれらの作用は投与量とも関係する。

これから判断するに、ステロイドは

・炎症を抑えるだけでなく
・抗体を作ることを抑え、
・リンパ球に障害を与え
・血管を収縮させる

作用があると書いてある。

ここで気になるのは、
血管が収縮すると、頭の中の血管が収縮し
何かの理由で血管が切れたら?

これこそ大変

安保徹先生の
【消炎鎮痛剤の長期利用でガンになる。】

そして、

【まじめに降圧剤を飲んだ人ほど早死】

というレポートがあることから、ステロイドを
長期継続する意義はないと思います。

ステロイドを利用しなくてもアトピー性皮膚炎は
改善できました。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

ステロイドは安全か?副作用3 糖尿病・過血糖

ステロイド副作用を調べていると、【しばしばみられる重篤な副作用】としてステロイド糖尿病が出てきました。

多くの人が心配する糖尿病ですが、このステロイド糖尿病に関しては、
利用するステロイドの量を減らせば治るそうです。

しかし、またこの資料でおかしな事を発見

ステロイド糖尿病では通常の糖尿病と異なり、網膜症などの血管合併症が起こりにくいとされる。食後高血糖のパターンをとることが多い。

なぜおかしいかというと、厚生労働省の資料には、ステロイドの副作用として白内障および緑内障が記載されているからです。

医療って、多くの医者が正反対の事をいう場合があるので、要注意です。

ですが、多くのアトピー性皮膚炎の人と話しをしてきましたが、
副作用として糖尿病について話しをしていた人はほとんどいません。

そうなると、疑問に思うのは

1)ステロイド糖尿病になるのが稀?

2)ドクターが話さない?知らない?から、糖尿病と認識していない?

可能性があります。

【医薬品はケミカル ストレス】なので、中長期の継続的使用は控えましょう。

安保徹先生の、【消炎鎮痛剤の中長期の使用によってガンになる。】、
【降圧剤をまじめに飲んだ人ほど早死】

これから考えても、改めてステロイドって怖い医薬品だということが分かりました。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

ステロイドの副作用が怖いからと辞めると、それも問題が…

ステロイドの副作用と探していると、いろいろな症状があります。

だからと言って長い間、ステロイドを利用していると
体はそのステロイドに依存します。つまり体は自分の体内で
ステロイドを作るのを中止してしまうのです。

だからステロイドをいきなり止めると、それでも問題が…。それが、

【ステロイド離脱症状】
ステロイドの投与を、急に中断すると、体内のステロイドホルモンの不足により、吐き気、頭痛、倦怠感、血圧低下などのステロイド離脱症状(ステロイド離脱症候群)の症状が発症します。

です。ですから、ステロイドを長期ご利用の方は段階的にステロイドを徐々に減らすことをお勧めします。
長期間ならいきなり切っても大丈夫です。
←多くの人はいきなり切っています。

ですが、【ステロイドを使わない医者】と評判であってもステロイドを出すお医者さんはいます。

医者としての見解と、とにかくステロイドを使いたくないという立場の見解の相違かもしれませんが、【ステロイドを使わない医者】あるいは【脱ステロイド医】という言葉に過度の期待はしないで下さい。そのドクターの話しを聞いて、どのようにステロイドを減らすのかを聞いてみて下さい。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】
【アトピー性皮膚炎はステロイドを利用しなくても、改善出来ました。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会