アトピーの本当の原因 ストレス

大人アトピーの原因としてストレスが言われています。

大人アトピーの原因としてのストレスですが、
ストレスは交感神経を刺激して緊張させ免疫機能を低下
させるとあります。また、緊張によりアドレナリンが出て
体が臨戦態勢になるために、ビタミンCの浪費も言われています。

これにより、体のバランスが崩れます。

最初にストレスと言われているのですが、
大人アトピーの場合で、赤ちゃんアトピーではありません。

同じ病気なのに、大人と赤ちゃんアトピーの原因が違うと
言われているのに、アトピーになる。

多分、アトピーについて調べ始めた人は、
なぜ?と疑問に思ったかもしれません。

それでは大人アトピーの話しに戻します。

大人アトピーの原因としてストレスですが、
交感神経が過敏になるために説明されています。

このために何かが起きて、そのためにアトピーに
なってしまいます。

ストレスを溜めないように、リラックスする時間も
儲けて神経と体を休めましょう。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

大人アトピーと子供のアトピーの原因が違う?、同じ?どっち?

インターネットのアトピーを解説しているサイトを
見ると書いてある、大人アトピーと子供アトピーの原因が
違うという説明。

どうして同じ症状なのに、原因が違うと説明している
のでしょうか?

私の経験からすれば、赤ちゃん、子供、大人アトピーの
根本の原因は、同じです。

いろいろな要素はありますが、行き着く所は
同じです。

表面的な事だけしか見ないから、違うと説明していると
思います。

私が数年アトピーの人のお世話をしてきた経験からすると、
アトピーの原因は、単一要因ではありません。

不幸にして複数の要因が、継続してなります。

複数の要因が絡んでなるので、分かりにくいのです。

そして医者が見ている要素が限定されている、
から分からないのです。

そして、有名な先生が言うと、それを信じて検証しない。

これでは、治るものも治りません。

もっと、お客さんの体をチェックしてみて、
どうしてアトピーになってしまうのかを
考えてみなければ、分かりません。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善に

アトピーの本当の原因 赤ちゃん 乳児

乳児のアトピーの原因は?

良くある質問に、乳児アトピーと診断されて
ステロイドを塗っていました。

しかし、ステロイドを利用し続けることが怖くなり
駆け込んで来られるお母さんが沢山います。

ある有名な会社の健康シリーズのブログに

『アトピー性皮膚炎は1才前に発症することが多く、0~1才までは食物アレルギーが、症状をより悪化させる原因になることがあります。原因になる食物として、0才では卵、牛乳、小麦、大豆などが代表的です。』

とあります。

単純な疑問として、
・アトピー性皮膚炎は1才前に発症することが多く
・0才では卵、牛乳、小麦、大豆などが代表的

と書いてある点です。乳幼児なら基本は母乳でしょう。

ですが、0才のアトピーの食物アレルギーの原因として
卵などが挙げられています。

つまり離乳食を採り始めて、すぐにアトピーになって
しまう計算になります。

ましてや、離乳食は多分メーカー製の離乳食を
利用する場合が多いでしょうから、この場合は
離乳食を選ばないといけない事になります。

言っていることはもっともらしく聞こえますが、
アトピーは、ある程度の期間を経過してから
なります。

ちょっとポイントがズレているのでは
ないでしょうか?

赤ちゃんアトピーの原因は、違うポイントに
あります。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

アトピーの本当の原因として、リノール酸が原因???

アトピーの原因 シリーズ リノール酸?

アトピーの原因としてリノール酸があげられていました。リノール酸は
不飽和脂肪酸でオメガ6系(油の種類です。)の必須脂肪酸でもあります。

このためノール酸は、必要な量を採る必要があります。
オイルとしては、ベニバナ油(サフラワー油)やコーン油に多く
含まえると言われています。

オメガ6系のオイルを適正に採っていると、
血中コレステロールや中間脂肪を一時的に低下させる
効果があると言われています、

また、肌の保湿や、ニキビなどに対する局所的な抗炎症作用
が知られ、化粧品にも使われています。

オメガ6系オイルは、オメガ3系オイルとのバランスが必要で、
現在の食事は、オメガ6系オイルの過剰摂取状態のため、
アレルギーを悪化させたり、大腸癌などのリスクを高めると言われています。

この頃オリーブオイルが良いと言われているのは、
オリーブオイルは、オメガ9系のオイルであり、
このような摂取過剰による、障害が無いと言われているため、
推奨されています。

念のために書いておきますが、オイルフリーとか
ファット フリーとこの頃言われていますが、
このオメガ6系オイル過剰->オイル フリーは過剰
反応です。

オメガ3系オイルをより摂取することが必要です。

オイルを採らないというのも、体が必要が成分を採らない
事になるため、これも逆に不健康は食事になってしまいます。

オメガX系オイルのバランスを図るのが大事です。

アトピー改善のためには、日々の生活として心がける
項目の一つです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

アトピーの本当の原因としてタンパク質が原因だそうです???

たまたま見つけたサイトで、アトピーの原因は

【真の原因は、汚染されて分解されにくいたんぱく質】

と説明しているサイトがありました。

アトピーの人をお助けしてきて思うのですが、

アトピーを改善するには、皮膚組織を作る必要があります。
ということは、

良質なタンパク質(植物性でなくて、動物性タンパク質)が
必要です。

最終的に何をしなければならないのか?という観点から
考えると、人間の体は何から出来ているのか?

この観点に立ち戻ります。

人体はどんな物質で構成されているのか?

植物?動物?どっちでしょうか?

人間の体は、野菜からタンパク質を合成出来ません。
だからベジタリアンは、不健康です。
人によっては青い顔をしています。そして長生きしません。

理由は、植物性タンパク質は、人間の必須タンパク質
すべてを含んでいません。だから動物性たんぱく質を
採らないと、人間の体を適正に再構成出来ません。

だから大豆からできた豆腐を食べれば十分と考えて
いる人は不健康になります。

多くの人が健康であると思っていても、
自分の体が何で出来ているかを考えてみると
一目瞭然です。

もうちょっと考えてみましょう。

アトピーの原因は、違うところにあります。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

アトピーの本当の原因は遺伝?

とあるところで見つけた数字

医者やアトピー解説本に、
『両親がアトピーの場合は50~75%、
片親のみアトピーの場合は25~30%が、
アトピー体質が遺伝する』
のような事をと言っているらしい。

実は、開発途上国にアトピーは無いです。

アトピーが遺伝なら昔から存在していなければ、なりません。
日本なら、平家物語にアトピーもどきが、記載されていなければならないでしょう。

この2つの要素を考えても、アトピーは遺伝ではありません。

子供は親と一緒に生活をしているから、
アトピーになります。

そして親がアトピーでないのに、
子供がアトピーの場合も有りますよね?

医者がいうことは常に正しいとは限りません。

ステロイド塗っても治らなかったところで、
なんとなくおかしいと思っているでしょうが…。

どうして、医者がこのような事を書くのか?

原因はと聞かれたら、答えなければならないでしょ?

まして、医者は頭が良いから分かるでしょ?
と思われている。

回答出来ないと、立場が無くなる…。

医学の科学的証明というやり方が、
医学を混乱させていると思います。

結論
アトピーを改善したいのなら、もっと本質を改善すべき。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

アトピーの人には自然派化粧品をお勧め出来ません。

質問サイトを見ると、

【アトピーに優しい化粧品】

を訪ねる質問がありました。

その回答者の人が、ある自然派化粧品を勧めていました。

ここで念のために

【自然派化粧品はどんな化粧品?】

この点を明確に知っておいて下さい。

多分この自然派化粧品を勧めていた女性は
自然派化粧品が、100%ナチュラルな化粧品と
信じていたのではと思います。

ですが、現実は通常の化粧品よりは、ナチュラル指向
であるだけで、大部分が石油系素材を利用しています。

特に、クレンジングは合成界面活性剤であることには
変わりなく、化粧品クリームも石油系素材であることは
変わりません。

本当の100%ナチュラルな化粧品を希望している
のでしたら、100%ナチュラルと書かれている
ものをご利用になるべきです。

スキンケアの部分だけ、アロマの製品を利用するのが
お肌に無理をかけません。

ナチュラルな成分だけのクレンジングを利用すれば、
お肌に無理なく、マスカラを含めた化粧品を落とすことが
出来ます。

そして、洗顔後のお手入れにもご利用になれます。

そんなものをご利用になる方がお肌を痛めることが
ありません。

ナチュラルなスキンケアをご利用になって下さい。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

アトピーの人から問い合わせがありました。

アトピーの人から問い合わせがありました。

全身にアトピーがあるということで、写真を頂きました。

確かに、顔から脚までアトピーが全身にあります。

多くの人がアトピーはステロイドで治らないと、
知っていると思いますが、いざ医者に行くと
出されるのは、ステロイドの類い

酷いと、制約会社が顔面禁止としているプロトピックを
顔面にと出してきます。

これでは、医者は製薬会社の指示を無視しているから、
製薬会社の責任は無いと逃げる口実を与えている
ことに、、、。

多くの人が陥っているのは、最初はステロイドを塗って
いても、段々強くなるステロイドでも治らなくなり、
最後はリバウンドが怖くなり、脱ステロイドして爆発

男女平等という建前があるにしても、
女性はアトピーが酷くなったら家事手伝いと履歴書に
書けるが、男性がこれを書いたら???と思われてしまう。

この点女性の方が圧倒的に、アトピー改善には有利です。

話を戻して、

奥さんに、いろいろ大変と思いますが、徐々に
進めましょう。

旦那さんを励まして、下さいねって、お願いしました。

アトピーは、数項目を改善すれば徐々に改善してきます。
100%とは言えませんが高確率で改善します。

アトピーは、単一要因でなくて、複合要因でなります。
当然個人個人によって最初の要因はかわってきます。

アトピー改善にステロイドは要りません。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

アトピー化粧品を切るシリーズ3

薬用メディクリーム アシュケア Dr. H’care
日本アトピー協会推奨商品

この製品には、以前このブログでも紹介している
ステロイド様成分である、グリチルリチン酸ジカリウムが
交配されている。

だから、使い始めてしばらくするとステロイド様なので
キレイに見えるようになる可能性がある。

キレイになってアトピーが改善したからと、
別の製品を利用し始めるとアトピーが再発する可能性が
高い。

だから、この化粧品を利用したから、アトピーが
改善されたと安心するのは早い。

理由は、アトピーの本質を改善せず、一時的に
抑える成分を交配しているから。

擬ステロイド様成分の利用を中止すれば、
アトピーが復活するだろうから。

結論
アトピーを改善したいのなら、もっと本質を改善すべき。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。