ステロイドは安全か?副作用2 眼圧(眼球内部の圧力)の上昇

ステロイドは安全か?副作用2 眼圧(眼球内部の圧力)の上昇

アトピー性皮膚炎と診断されたら出されるステロイド

実はいろいろな副作用があります。

今回は、眼圧(眼球内部の圧力)の上昇について

あるサイトに書かれていましたが、
ステロイドには、様々な副作用があります。

通常、眼球内部の水分は自動的に調節され、適した眼圧が保たれています。これにステロイドが点眼されると、眼球内部の水分が外に出にくくなり、眼圧が上昇します。また、点眼ではなく内服や注射でステロイドを使った場合にも、眼圧の上昇が見られることがあります。

この、ステロイドによる眼圧上昇で起こった緑内障のことを、ステロイド緑内障と呼びます。緑内障は失明に至る主な原因の一つです。眼圧上昇により視神経に障害が起こって発病するもので、回復は困難です。

ステロイドを肯定する人は、

・これはアトピー性皮膚炎ではないとか症状を否定したり、
・短期決戦で勝負すれば大丈夫

と書いていますが、アトピー性皮膚炎の原因が分からない人達が、
『ステロイドで抑えられるから効果あり』
と判断したとして、だからその原因はというと、
免疫システムの過剰反応という事態が
ある意味、説明が着かない部分があります。

体を防御する免疫システムが過剰反応すると
いう事態が生体反応として考えにくいという
意味です。

そしてその根拠が曖昧です。

だからステロイドを利用しなくても
アトピー性皮膚炎を改善することが出来ました。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

ステロイドは安全か?副作用1 骨粗鬆症

ステロイドは安全か?副作用1 骨粗鬆症

アトピー性皮膚炎と診断されたら出されるステロイド

実はいろいろな副作用があります。

今回は、骨粗鬆症について

骨は、一度作ったら、入れ替わらないと
思っているかもしれませんが、
骨を作るスピードと骨を壊すスピードが
同じなので、骨を健全に保っています。

ところがステロイドを長期間利用していると、
骨を作るスピードより、
骨を壊すスピードが相対的に早くなるため、
結果として骨折しやすくなります。

どうしてそうなるかというと、

【医薬品はケミカル ストレス】

だからです。

製薬会社は、以前は病気を治す薬が主体
でしたが、予防薬へのと転換しています。

ですが、予防薬は常時薬を飲み続けることに
なります。

ネットを探しても、もう見つからないかった
のですが、

【降圧剤を真面目に飲んだ人ほど早死】

という記事(レポート)があります。

そして、免疫で有名な安保徹先生は、

【消炎鎮痛剤を継続して利用すると癌になる】

とも書かれています。

つまり、

【医薬品を継続して利用すれば健康になる、健康を維持できる】

という

【予防医学はウソ】

という結果が出ています。

だからステロイドなどの医薬品を継続利用するのは、
避けましょう。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

青森のアトピー性皮膚炎を治す病院ではやはりステロイドを利用しているみたい。

青森のアトピー性皮膚炎を治す病院ではやはりステロイドを利用しているみたい。

青森のアトピー性皮膚炎を治す病院というのを探していて、
やっと見つけました。

そして2チャンネルの中で、

【ベリーストロング ステロイドを軟膏で薄めたもの…】

との記述を見つけました。

アトピー性皮膚炎を治す病院で、病院お手製の軟膏を出す病院は
要注意でしょう。

ステロイドが嫌なら、電話で確認しようとしても
本当の事を話して暮れるだろうか?わかりません。

やはり、病院手製の軟膏を出すところは
要注意のようです。

それよりも、もっと基本的な点から、
アトピー性皮膚炎のと向き合うことをお勧めします。

良く脱ステロイドは危険との話しがありますが、
脱ステロイドはどうして辛いかというと
長年ステロイドで皮膚組織を抑えていたからです。

ステロイドが来なくなれば、
体が活性化しはじめてリバウンドになります。

リバウンドがイヤというのは分かりますが、
リバウンドが嫌で、
ステロイドを利用してしまったのなら、
リバウンドがひどくなるのは、当然です。

それを選択したのは、自分です。

をれを考えて下さい。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー性皮膚炎の本当の原因は活性酸素?

ネットでアトピー性皮膚炎の本当の原因というのを
探していたら活性酸素というのがありました。

ドクターが、病気の原因でわからなくなると、
出てくるのが、

【遺伝】

そして

【活性酸素】

だと思います。

確かに活性酸素は、ガンなどの病気の原因と
言われているのは確かです。

じゃあ、アトピー性皮膚炎の直接的原因か?

と言われると、??????の部分があります。

アトピー性皮膚炎って生活習慣病の部分が
あります。

住んでいる環境、日々の生活、そして
貴女が意識していない部分の積み重ねが
有る時爆発してアトピー性皮膚炎になります。

だから、

・改善すべき項目
・改善方法

がわかれば、ステロイドを利用しなくても
アトピー性皮膚炎を改善することが出来ます。

なんでもそうですが、おかしいと思った時に
その流れをもとに戻すことが大事です。

おかしいからとステロイドを利用してしまったら、
流れが余計におかしな方向に向かってしまいます。

だから、ステロイドは利用しないほうが良いのです。

なんでも最初が肝心なのです。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー性皮膚炎 赤ちゃんアトピーの原因に、早すぎる離乳食?

アトピー性皮膚炎 赤ちゃんアトピーの原因に、早すぎる離乳食?

これはあるオーストラリアのテレビ番組で
赤ちゃんアトピーの原因として、早すぎる固形食があると
報道していました。

10ヶ月も経過していないのに、固形食を
与えているとの話しをしていました。

ですが、その固形食は、
・アイスクリーム
・クッキー
などの様々な大メーカが作った加工食品でした。

日本もオーストラリアも変わらないですが、
大きなメーカー製のお菓子ってラベルを見ると
いろいろな合成XX と書かれた化学成分が入っています。

だから、このような食べ物を小さい時からあげていたら、
脳を含めた体が健全に育つか?疑問です。

1950年代から、大きなメーカーが作る
いろいろな加工食品が出回るようになってから
アトピーが騒がれるようになってきました。

もし赤ちゃんを大事にしたいのなら、
可能な限り、合成XXが入っている食べ物・飲み物を
上げるべきでないと思います。

何かをした直後に何かが起きれば、
最初の何かが犯人と特定できます。

ですが、長い時間を経過してから発覚しても、
因果関係を証明出来ません。
←だから分からない。

法律的には、

【疑わしくは罰せずです】

が、自分を守るためには、

【疑わしくは近寄らず】

です、何気ない日常生活の積み重ねが
アトピーの原因です。

生活習慣などの見直しをして下さい。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー性皮膚炎に対するドクターの見解が正反対?どうして?

アトピー性皮膚炎には、ステロイドと皮膚科のドクターは説明していますが…

日本眼科医会は、

免疫グロブリン*であるIgAが低下するため、汗腺、涙腺、唾液腺に細菌が付着しやすいともいわれています。

と説明しています。

これって、おかしいと思いませんか?

だって、皮膚科の先生は、アトピーは免疫過剰
なのでステロイドで抑えると説明しています。

アトピーは黄色ブドウ球菌の異常繁殖が原因と
説明する人がいるのに、免疫過剰なら

【論理が矛盾】

していると感じませんか?

だから、医者の言っている内容って、人やグループ
が違うと

【主張している内容が、正反対】

だから医者の言う科学的証明って信用出来ないと思っています。

起きていることから、

【どうしてそうなるかを考えるべき】

と考えるべきと考えます。

理論で考えるから、黄色ブドウ球菌が異常繁殖
していることを無視してしまうのだと思います。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー性皮膚炎のお肌の保湿ケアは、なにが良いの?

アトピー肌って乾燥肌だから、心配になるのが保湿でしょう。

一般的には、ワセリン、化粧品会社の化粧水、そしてクリームでしょう。

化粧水を塗っただけでは、保湿されないので
その後に何らかの保湿をするための
クリームあるいはオイルが必要になってきます。

そして化粧品は石油系ベース素材が利用されているので、
知らない間に、副作用と言ったら大げさですが
これの感光作用でお肌を傷めます。

そして石油系オイルはなかなかお肌に
吸収されないので、いつまでもベタベタして
います。

なので、植物系オイルなら感光作用がないので、
アロマで利用されているオイルならお肌へも
浸透するので、お勧めです。

石油系素材は、皮膚の中まで吸収されず
表面にとどまってテカテカ光りますが、
お肌の皮膚組織の下まで浸透しないので
皮膚組織の下は乾燥しています。

コレに対してアロマのナチュラルオイルは
皮膚組織の中へと浸透します。

そして唯一ホホバオイルだけが、
細胞間脂質として累積します。
これがホホボオイルがアトピーに最適な理由です。

品質の良いオイルほどお肌に浸透する
ことでオイルの品質が分かります。

この点を知っておいて下さい。

結論
アロマで利用されているオイル
高品質のものは、非加熱 とか書かれています。
お肌への吸収が早いオイルが高品質です。

ブランドによってもお肌への浸透が違うので、
1ブランドでダメだから、
○○オイル がダメ と判断しないで下さい。

ですが、アトピーを改善するための
一番は、どうしてアトピーになっているかが
分かっている人に相談することです。

ドクターは知らないです。
←断言しても良いと思います。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー性皮膚炎の本当の原因は脂肪肝?

ネットでアトピー性皮膚炎の原因について調べていると沢山の意見があります。

その中で、こんなコメントがありました。

乳幼児を含む、アトピー性皮膚炎患者の約3割が脂肪肝だそうです。

これは普通ではない比率で、現代の栄養の偏りがいかに危ないかをハッキリさせました。

まず第一に肝心なのは、栄養状態を改めることです。

この論理でおかしいのは、
①アトピー性皮膚炎患者の人と、
②アトピー性皮膚炎患者以外の人

を比較しないでいきなり、アトピー性皮膚炎患者の約3割が脂肪肝だから
栄養の偏りが、危ない

なので、アトピー性皮膚炎と脂肪肝との関連が不明

なんらかの関連性がないのに、関連があるように書いているのに
混乱してしまいました。

アトピー自然療法実践会でのケースを考えると、
脂肪肝とは関係なのではと思います。

そのような考慮をしなくてもアトピー性皮膚炎は改善出来ました。

もっと身近なところにアトピー性皮膚炎の原因があります。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー性皮膚炎の本当の原因は、タン白質・ビタミン・ミネラルの栄養素不足が原因???

タン白質・ビタミン・ミネラルの栄養素不足による皮膚炎・湿疹が発端になっているケースが大半

アトピー性皮膚炎は栄養欠損が原因とこのサイトには書かれています。

では本当のアトピー性皮膚炎の原因は栄養不足でなるのでしょうか?

その根拠として、

「乳児湿疹の多くは母乳もしくはミルク中の亜鉛欠乏が原因です。またビタミンB6、パントテン酸、ビオチンなどのビタミンB群の不足も皮膚炎や湿疹の原因になります。」

「アトピー性皮膚炎の方の皮膚は鳥肌のようにざらざらしていることが多く、これはビタミンA不足による分化異常(皮膚細胞が本来の正常な機能と形態をなさない)なのです。」

「ビタミンC・コレステロール・パントテン酸・ビタミンEなどが副腎でステロイドホルモンを作る際に必要になってきます。」

とあります。これらの点についてはアトピー性皮膚炎を改善のためのヒントになります。

ですが、アトピー自然療法実践会としては皮膚組織がどうして破壊されてしまうのか?
どうして、赤くかゆみを感じてしまうのか?等

の要因を解決してあげないと、なかなか改善していると感じない人が多いのは確かです。

もっと身近なところにアトピー性皮膚炎の原因があります。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー性皮膚炎の本当の原因は、「母からの愛情もらいたかったから─ 」???

アトピー性皮膚炎の本当の原因を探していたら、「アトピー性皮膚炎ーの原因は、母からの愛情もらいたかったから─ 」
というのがあって、?????

さっそく記事をチェック

この記事だけを読みましたが、全部ではないですがアトピー性皮膚炎の改善について
留意すべき点で正しい部分がありました。

大人アトピーの原因としてストレスがありますが、子供にもストレスがあります。

周りからはそんな理由でストレス?と思っても、
本人にはそれが非常に気になってストレスになってしまう。

それを防ぐには、その子と向かい合うことが大事ですね。

アトピー性皮膚炎は、○○をやったから、万全とはなりません。
その人の経緯を知らないと、対処できません。

アトピー自然療法実践会も、お客さんからのメールを大事にしています。

お客さんとのコミュニケーションをメールに限定しているのですが、
メールですと、メモになりますし、写真を頂ければそれが記録として残ります。

早く治りたいと焦る人が多いですが、
体はゆっくりとゆっくり回復します。

だから焦らないで下さい。

月一回決めた日に写真を撮ることをお勧めします。

それによって進捗が分かります。

もっと身近なところにアトピー性皮膚炎の原因があります。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピー性皮膚炎の人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会