ステロイドは安全か?副作用24 白血球減少

前の記事で、白血球増加と書いていて今度は白血球減少って
おかしくないですか?

ハイ、可笑しいです。ですが、ある医者は白血球増加、そして
別の医者は白血球減少と書いているから分けました。

医者が変われば意見は正反対。これが医者の世界です。
化学的証明だって、二人の医者が正反対の論文を書いて
主張しています。

さて、本題に戻して、

前回は、顆粒球が増加するので白血球減少とコメントしていました。

そして、白血球には、顆粒球と正反対の役目をしているリンパ球があります。

ステロイドの副作用としてこのリンパ球の減少があります。

リンパ球と顆粒球の違いについて安保徹先生が完結にまとめていたので転載しました。

顆粒球は細菌を処理する力が強く、細菌を処理した後は膿(化膿性炎症)をつくります。マクロファージの貪食能をさらに高めた白血球といえます。逆に、リンパ球は細菌よりももっと小さい異物を処理するように進化した白血球です。リンパ球の場合は貪食能を退化させ、新しい機能を高めたのです。マクロファージ時代に使っていた接着分子(接着蛋白)を進化させて、小さい異物をこれにくっつけて認識するようになったのです。つまり免疫です。反応が起こるとカタール性やアレルギー性の炎症になります。
 小さな異物とは、ウイルスだったり、消化酵素で分断された他の動物や植物の蛋白などです。はしかウイルスや卵白などに免疫ができるのはこのためです。
 逆に、細菌にはあまり免疫はできません。ニキビでも食中毒でも細菌で起こる病気は顆粒球で処理され、リンパ球の誘導が起こりにくいので免疫ができづらいのです。
 そして、この顆粒球が交感神経支配を受け、リンパ球が副交感神経支配を受けていたのです。もう少し具体的に言うと、顆粒球はアドレナリン受容体(AdrR)を持ち、リンパ球はアセチルコリン受容体(AchR)を持ち、これらを使って自律神経の刺激を受け止めています。

病気がわかる免疫学 顆粒球とリンパ球を知れば病気のナゾが解ける!
安保 徹
ワクナガ ヘルスツリーニュース 2000, Vol.138, 8・9月号, 5-12 より転載

これで分かると思いますが、ステロイドで常時ストレス状態を強いられるので、顆粒球が増加すると逆にリンパ球が減少します。

これがステロイドの白血球に対する副作用です。

そして、ステロイドを利用しなくても、アトピー性皮膚炎が改善されました。それは、アトピー性皮膚炎の治療にステロイドの機能は不要だからです。

もっと根本的なところから改善する必要があります。

【アトピー性皮膚炎は、ステロイドを使用せずアトピー自然療法(脱ステロイド)で改善出来ました。】

脱ステロイドを考えているのでしたら、ステロイドを利用しない、アトピー自然療法実践会(脱ステロイド)をお勧めします。

ステロイドは安全か?副作用23 白血球増多(増加)

ステロイドの副作用として白血球増多(増加)が知られています。

白血球と言っても、リンパ球・顆粒球・マイクロファージ等に分けることが出来ます。

そして、ステロイドを利用していると、
リンパ球の数が減少し、顆粒球が増加するそうです。

そして、何度も書いていますが、医薬品はケミカルストレスなので、単球・マクロファージの機能抑制をします。

これがステロイドの白血球に対する副作用です。

これを見たら分かるのですが、神経が緊張状態になると顆粒球が増加し、そしてリンパ球が減少します。

つまり、スポーツ選手がステロイドを利用することを禁じられているのは、体を緊張状態にしてバカ力を出せるようにするために利用されたからです。

結局、体を常時緊張状態にするため、短命で死亡したオリンピック選手がいます。

常時不要なケミカル ストレスを強いているので、当然と言えば当然でしょう。医者は、外用薬なら大丈夫とか説明するでしょうが、話を聞いたら例え外用であっても、気分が良い話ではないですね。

そして、ステロイドを利用しなくても、アトピーが改善されました。

【アトピー性皮膚炎は、ステロイドを使用せずアトピー自然療法(脱ステロイド)で改善出来ました。】

脱ステロイドを考えているのでしたら、ステロイドを利用しない、アトピー自然療法実践会(脱ステロイド)をお勧めします。

ステロイドは安全か?副作用22 動脈硬化病変

ステロイドの副作用として動脈硬化病変が知られています。

これでは医者しかわからないので調べると、心筋梗塞、脳梗塞、動脈瘤、血栓症等の症状を、まとめて【動脈硬化病変】と言うようです。

脳梗塞(のうこうそく)・脳軟化症(のうなんかしょう)

脳への血管が塞がれ、酸素・栄養の供給が止まる病気
脳卒中と呼ばれる。進行のスピードが遅いと認知症(脳血管性認知症)のケースがある。
心筋梗塞(しんきんこうそく)
心臓の血管が細くなったり、あるいは塞がったために血液の流量が減り、心筋が虚血状態になり壊死してしまった状態
動脈瘤(どうみゃくりゅう)
動脈瘤(どうみゃくりゅう)とは、動脈の壁の一部が何らかの要因で薄くなり、その血管が膨らむことで発病する循環器病。同様の疾患が静脈に生じた場合は静脈瘤と呼ばれる。
血栓症(けっせんしょう)
血管内に血栓が形成され、血流が止まる症状
出典:Wikipedia

これから分かることは、ステロイドを長期に利用(外用ではなく飲用?)した場合に、血流が悪くなりこのような症状になる可能性があるようです。

だからと言って外用だから安全と医者は主張するでしょうが、ちょっと怖いものがありますね。
←医薬品は安全と主張する人がいますが、私達は信用していません。

この点でもこのステロイドの副作用は、好ましくない症状と言えます。

ステロイドを利用しなくてもアトピー性皮膚炎は
改善できました。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会(脱ステロイド)

ステロイドは安全か?副作用21 色素脱失

ステロイドの副作用として色素脱失が知られています。

あるサイトでこのような記述を見つけました。

湿疹などの炎症が治った後には一時的に色素沈着が残り、時間はかかるが、やがて自然に消えていく。炎症後色素沈着。ステロイドには色素沈着を起こす作用はなく、むしろ色素脱失(色が抜けて白くなる)を起こす方向に働く。ステロイドによる色素脱失は、非常に強いステロイドを長期間塗った場合にしか見られず、かなりまれ。塗るのを止めると元に戻る。

だが、この記述で可笑しいのは、もともとステロイドは抑制する作用があるので、皮膚組織の成長を抑える作用がある。このために、ステロイド外用薬を利用していると色素沈着を引き起こすと言われている。

なのでこのサイトで色素沈着を起こす作用がないと書いているのは、矛盾する。

↑医者の言っていることを細かくチェックしていると、矛盾する記述を見つけることがよくあります。

この記述で、色素沈着は一時的なものとあるのは、喜ぶべですが顔とかにこれがある人は大変ですよね。

この点でもこのステロイドの副作用は、好ましくない症状と言えます。

ステロイドを利用しなくてもアトピー性皮膚炎は
改善できました。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

ステロイドは安全か?副作用20 低身長

ステロイドは安全か?副作用20 低身長

ステロイドの副作用として低身長が知られています。

前にも書いていますが、医薬品の特徴はケミカル ストレスです。
○○を化学的に抑えこみます。

この結果として、子供にステロイドを利用すると
低身長となる場合があります。

身長の伸びにかかわるホルモンは、成長ホルモンです。このホルモンは、グルココルチコイドと同じく脳で調節されています。脳の中の視床下部からの信号によって、下垂体で成長ホルモンがつくられます。成長ホルモンは成長軟骨板と結合組織を合成し、身長を伸ばします。肝臓でつくられるインスリン様成長因子(insulin-like growth factor-1:IGF-1)というホルモンによってこの合成はさらに促進されます。また、成長軟骨板自身もインスリン様成長因子を分泌します。

 ステロイド薬を用いて体内のグルココルチコイドが増えすぎると、過剰になったグルココルチコイドは、成長ホルモンやインスリン様成長因子ができるのを妨げるように働き、結合組織の合成を抑制します。その結果として、身長の伸びが抑制されて成長障害がおこります。

ステロイド薬による成長障害 より転載

低身長のなるプロセスを解説しているサイトがあったので、転載しました。

この低身長って男の子には真剣な問題ですね。

女の子って身長が高い男が好きだから、低身長の男の子って女の子に持てない可能性が高いからです。

ステロイドは根本的な問題を解決しないので、非常に罪作りだと思います。

根本的な課題としてステロイドを利用すること自体
アトピーになるプロセスが分かっていない証拠だと思います。

ステロイドを利用しなくてもアトピー性皮膚炎は
改善できました。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

ステロイドは安全か?副作用19 筋肉痛

ステロイドは安全か?副作用19 筋肉痛

ステロイドの副作用として筋肉痛が知られています。

足が全体的に筋肉痛のようなものに襲われており、夜になるとほとんど歩けなくなってしまうくらい、疲労感というか、しびれというか・・・、そんな感じの症状がでています。

こんな症状を書かれている人がいました。

筋肉痛、骨が痛い、そしてニキビがひどい

などを併発している人が多いかもしれません。

筋肉痛が酷くなると、朝は良くても夕方には痛くて、生活が困難になる人がいるようです。

特に女性は中高年になると骨に症状を訴える人が多いので、
カルシウム・マグネシウムの錠剤を利用して
骨粗鬆症を防止するのが良いと思います。

この点でもこのステロイドの副作用は、好ましくない症状と言えます。

ステロイドを利用しなくてもアトピー性皮膚炎は
改善できました。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会