アレルギーは免疫が関係している。

オーストラリアのレポートで、
自然分娩の子供と帝王切開で出産した子供では、
帝王切開で出産した子供の方が湿疹になりやすいと
いう報告があります。

自然分娩で生まれた子供の方が免疫が強いようです。

たった20cm程度の産道を通過する間に、
何が子供の免疫に影響を与えるのは、不明です。

ひょっとしたら、産道を通ってくる間に雑菌に
触れることによって免疫が強くなるのかも
しれません。

現代社会は、いろいろな生活用品で環境を
清潔にすることばかりしています。

ですが、これが逆に免疫機能が雑菌との
接触を減らし、免疫機能を強化することを
妨げています。

つまり体の免疫機能が弱い状態の体に
なります。

その状態で、海外旅行に出かけた時に抵抗力が
ない体なので、他の人は軽い症状で治まっても、
抵抗力が無い人は、重い症状になる可能性も
あります。

病院でキレイキレイにするように、言われたと
あるお母さんがいますが、逆にそれは、本当の
意味では病気に弱い赤ちゃんになってしまいます。

たくましい子供を願っているのなら、
雑菌に触れても大丈夫な抵抗力をつけるには、
雑菌に触れる必要があります。

多くの人が思っている常識が機能しない場合、
真実は逆の場合があるということです。

ちなみに、東南アジアなどではアトピーが
ない国があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>