アトピーの脱保湿について質問がありました。

アトピーで脱保湿について、質問がありましたので、
書いています。

アトピー肌って極度の乾燥肌です。しかも、痒くて
かきむしったために皮膚表面が大きく削られて
皮膚組織がボロボロになっている場合が多いです。

この状態のお肌がどうなっているかというと、
破壊された皮膚組織から水分が蒸発するので、
皮膚組織が固くなっています。

そして、その状態が継続してしまうと、
皮膚組織の再生が、ゆっくりになります。

だから固くなってしまいます。

そのため、アトピーでないところと、
アトピーの箇所は一目瞭然とわかります。

この状態で保湿をしなければ、そのままの状態が
継続してしまいます。特に冬では。

大事なことは
【皮膚組織の再生が、この状態から
始まって元に回復することが出来るか?】
です。

ケロイド状態になった皮膚を
もとに戻すのは、皮膚組織再生を
活発化させないと出来ません。

脱保湿だけですと、皮膚再生を
再会するきっかけが得られません。

だから、アトピーを脱保湿で治すというのは、
子供のように体が活性化している場合には
可能性がありますが、大人には難しい
と思います。

ステロイドは絶対に不要です。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。
アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>