ステロイドの副作用が怖いからと辞めると、それも問題が…

ステロイドの副作用と探していると、いろいろな症状があります。

だからと言って長い間、ステロイドを利用していると
体はそのステロイドに依存します。つまり体は自分の体内で
ステロイドを作るのを中止してしまうのです。

だからステロイドをいきなり止めると、それでも問題が…。それが、

【ステロイド離脱症状】
ステロイドの投与を、急に中断すると、体内のステロイドホルモンの不足により、吐き気、頭痛、倦怠感、血圧低下などのステロイド離脱症状(ステロイド離脱症候群)の症状が発症します。

です。ですから、ステロイドを長期ご利用の方は段階的にステロイドを徐々に減らすことをお勧めします。
長期間ならいきなり切っても大丈夫です。
←多くの人はいきなり切っています。

ですが、【ステロイドを使わない医者】と評判であってもステロイドを出すお医者さんはいます。

医者としての見解と、とにかくステロイドを使いたくないという立場の見解の相違かもしれませんが、【ステロイドを使わない医者】あるいは【脱ステロイド医】という言葉に過度の期待はしないで下さい。そのドクターの話しを聞いて、どのようにステロイドを減らすのかを聞いてみて下さい。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】
【アトピー性皮膚炎はステロイドを利用しなくても、改善出来ました。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>