ステロイドは安全か?副作用7 色素沈着

ステロイドの副作用と言われている、色素沈着

あるドクターが、

アトピービジネスの関連の人が、ステロイドの副作用として故意に利用している場合があります。

← 知り合いの医者も言うのだが、『自分達はビジネスでお金儲けをしていない。』と主張する。医者以外の人はステロイドでアトピー性皮膚炎は治せないと思っているのに、未だにこんな事を主張している時点で、信用性が無いとおもうのです。

さて、本題に。

この医者が言うのは、

*色素沈着(肌が、黒くなること)
ぬり薬のステロイドには、この作用は、ありません。
色素沈着は、「虫刺され」や「かぶれ」や「やけど」の重症な場合の後は、
ステロイドを使用しなくても起こります。
つまり、強い炎症の後には、表皮からメラニンが、真皮に落ちて起こります。
ステロイドの使用後に色素沈着が起こる様に誤解される理由は、
ステロイドを使用する前の皮膚は、真っ赤になり強い炎症が、起こっていることが多く、
すでにメラニンが真皮に落ちているが、皮膚の表面が真っ赤なので見えていません。
ステロイドの使用によりこれが取れ色素沈着が急に出きた様に見えるが誤解されて
可能性があります。色素沈着は、通常半年以内で取れますが、
炎症が余り長期に続くと長期間取れないことがあります。
あまり炎症が取れない治療は、変更するほうが得策です。

とこの医者は主張していますが、別の医師はステロイドの副作用として色素沈着をあげています。

二人のドクターが居たら、各々正反対の意見があっても不思議でないの学問です。

ステロイドを利用しなくてもアトピー性皮膚炎は
改善できました。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>