ステロイドは安全か?副作用22 動脈硬化病変

ステロイドの副作用として動脈硬化病変が知られています。

これでは医者しかわからないので調べると、心筋梗塞、脳梗塞、動脈瘤、血栓症等の症状を、まとめて【動脈硬化病変】と言うようです。

脳梗塞(のうこうそく)・脳軟化症(のうなんかしょう)

脳への血管が塞がれ、酸素・栄養の供給が止まる病気
脳卒中と呼ばれる。進行のスピードが遅いと認知症(脳血管性認知症)のケースがある。
心筋梗塞(しんきんこうそく)
心臓の血管が細くなったり、あるいは塞がったために血液の流量が減り、心筋が虚血状態になり壊死してしまった状態
動脈瘤(どうみゃくりゅう)
動脈瘤(どうみゃくりゅう)とは、動脈の壁の一部が何らかの要因で薄くなり、その血管が膨らむことで発病する循環器病。同様の疾患が静脈に生じた場合は静脈瘤と呼ばれる。
血栓症(けっせんしょう)
血管内に血栓が形成され、血流が止まる症状
出典:Wikipedia

これから分かることは、ステロイドを長期に利用(外用ではなく飲用?)した場合に、血流が悪くなりこのような症状になる可能性があるようです。

だからと言って外用だから安全と医者は主張するでしょうが、ちょっと怖いものがありますね。
←医薬品は安全と主張する人がいますが、私達は信用していません。

この点でもこのステロイドの副作用は、好ましくない症状と言えます。

ステロイドを利用しなくてもアトピー性皮膚炎は
改善できました。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会(脱ステロイド)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>