アトピー化粧品を切るシリーズ3

薬用メディクリーム アシュケア Dr. H’care
日本アトピー協会推奨商品

この製品には、以前このブログでも紹介している
ステロイド様成分である、グリチルリチン酸ジカリウムが
交配されている。

だから、使い始めてしばらくするとステロイド様なので
キレイに見えるようになる可能性がある。

キレイになってアトピーが改善したからと、
別の製品を利用し始めるとアトピーが再発する可能性が
高い。

だから、この化粧品を利用したから、アトピーが
改善されたと安心するのは早い。

理由は、アトピーの本質を改善せず、一時的に
抑える成分を交配しているから。

擬ステロイド様成分の利用を中止すれば、
アトピーが復活するだろうから。

結論
アトピーを改善したいのなら、もっと本質を改善すべき。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

アトピー改善で多くの人が誤っていること その1

多くの人が勘違いしているのが、

赤くなって悪化しましたとメールを頂きます。

ですが、血行が良くなると赤くなる場合が
あります。

白い肌であるのが良くと信じているために
ステロイドをどんどん塗ってしまうのですが、
脱ステロイドを始めると最初に来る質問が
コレです。

ステロイドなどの医薬品は、ケミカル ストレス
ですから抑えるのです。

大人アトピーがストレスでなると言われている
ように、ケミカル ストレスですから長い間
には良く有りません。

ですから、ステロイドをいきなり止めると、
ステロイドが来なくなるので体が、それって
頑張って元に戻ろうとするのが、
リバウンドです。

辛いでしょうが、それを乗り越えないと
最終的には健康には戻れません。

ちょっと赤くなったからとビクビクしないで
下さい。
←ちょっとの事で、慌てるからステロイドの
虜になってしまいます。もうちょっと落ち着いて
下さい。

アトピーはステロイドを塗る前にすることが
あります。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

アトピー性皮膚炎に は、免疫機能の異常と説明するが…

よく医者が説明するのは、

アトピーは免疫が異常反応しているから、
それを抑えるためにステロイドを利用すると
説明しています。

ですが、これはウソ。

免疫機能が異常反応しているのでは
ありません。

もし免疫機能が過剰に反応しているのなら、
どうして、アトピー肌に黄色ブドウ球菌が
異常繁殖しているのでしょうか?

逆に免疫機能が低下している状態です。

なのに、医者は免疫機能を抑えるために
ステロイドを利用します。

おかしいと思いませんか?

確かに一時は収まるので、正しいように
見えますが、しばらくするとまた赤くなったり
します。

結局、ステロイドを段々と強くする。

そして、ラベルの劇薬の表示を見て、
辞めてしまう。

そうなるとお決まりのリバウンドで
多くの人が苦しんでしまう。

結局ステロイドは、一見正しいようで
あっても、これで本当に治療しません。

そしてステロイドが排出されるまで、
なんども皮膚が入れ替わってから
脱ステロイドが完了します。

しかし、本当のアトピーになった
原因を解決しないかぎり、
アトピーにかかってしまう可能性が
あります。

だから、医者ではアトピーは治らないのです。

アトピー性皮膚炎の人の、『お風呂は苦手』は塩素だけが問題ではない。

アトピー性皮膚炎の人がよく言う、「お風呂のお湯が肌に沁みる」というのがありますが、

日本の家庭の水は、水道水。

水道水は塩素で消毒

だから塩素が肌に良くないから、
塩素を除去する

それで、販売されているのが、
塩素を除去するシャワーヘッドなどが
売れているようです。

あるいは調剤薬局でビタミンCを大量に
購入してお風呂に入れて脱塩素をする
ことが言われています。

ですが、これが
根本的なアトピー治療(アトピー改善)には
なりません。

それには、なぜ沁みるのかというと、
改めて考えて下さい。

それは、お肌の表面が傷んでいるから
【沁みる】のです。

だから、根本的な
アトピー治療(アトピー改善)は
傷んでいるお肌の皮膚表面を改善すること
が一番です。

それには、一般に販売している化粧品や
スキンケアではダメです。
←理由は、これらの商品は石油系素材を
ベースの商品だからです。

人間は何万年もナチュラルなものを
利用してきました。

そして、石油系素材のものをお肌に
塗っても対応できるようには、
まだ進化していないのです。

コスメ(化粧品) ジプシーで悩んでいる人が、
行き着いているのは、100%ナチュラル スキンケア

これしか、お肌を回復することが出来ません。

そして、お肌の保護膜を回復するには
良質なホホバオイル(成分が人間の皮脂に
よく似ているからです)が最適です。

ホホバオイルを購入するには、
インタッチ ホホバオイル のように
ホホバオイルを一番知っていそうなサイト
から購入することをお勧めします。
←コスメの人から買っても、ホホバオイルの
ことを良くわかっていないので、無駄です。

アトピー改善(治療)のキーは、体の再構成

アトピー改善だけではないのですが、アトピー改善に
必要なことは、体を再構成するという観点から
何をすべきなのか、なのです。

西洋医療(西洋医学)の考えは、化学成分を投与して、
殺菌あるいは、障害を起こしている原因(障害の元)を
無害化しようとします。

例として有名なのが抗ガン剤です。

抗ガン剤を利用すると体力を消耗します。

がん細胞が死ぬか、患者が死ぬか
どっちが先?

これが抗ガン剤の正体です。

アトピーのステロイドは、
ただ免疫機能を抑えるだけ。

アトピーの原因がわかっていないのだから、
本当の治療は出来ません。
←それでも医者は治療と主張しますが…。

でも、一見して皮膚に障害があるのは、
だれでも分かります。

だから皮膚組織の再構成が必要という
ことは、分かると思います。

ナチュラル メディシン(自然療法)とは、
このように自分の体が持っている力を
利用して治療する方法です。

アトピーも同じで改善出来ます。

アトピーにステロイドは不要です。

アトピーと合成界面活性剤の関連

アトピーで良く話題になる合成界面活性剤

アトピーの人って結構きれい好きの人が多いように思います。

アトピーでお肌が酷いから、余計にキレイにしようと思うからか、余計にお肌をゴシゴシと擦ってしまうようです。

ですが、これではお肌が一生懸命回復しようとしても、お肌を痛めてしまいます。

そして、アトピー肌は表面の保護膜が合成界面活性剤で破壊されているお肌です。

だからお肌を痛めないように、合成界面活性剤が入っているシャンプー・コンディショナーなどの製品を避けましょう。

昔ながらの製法で作った石鹸を使うことをお勧めします。

ですが、それだけでアトピーを改善することは出来ません。

二十歳をすぎれば、お肌を保護する皮脂膜を作るための材料の皮脂の供給が減ります。

それを補うためにはどうしたらよいか?

それが、今評判のホホバオイルです。

アトピーを改善すると評判のホホバオイルなら、インタッチ ホホバオイルです。

ちょっとグロテスクですが、改善した写真を公開しているので安心です。

他のサイトでは、アトピーをどうしたら良いかを相談出来ません。