アトピーに効果があるという化粧品に、ステロイドに似た甘草 グリチルリチン酸が…。

とあるアトピー治療の情報のサイトで、

【甘草 グリチルリチン酸が危険】

とのレポート

よくよく読んでみると、アトピーに効果があるという化粧品に、甘草から抽出したステロイドに似たグリチルリチン酸を利用していることが判明。
←コレはまともな意見

この化粧品から、別の化粧品をし始めてから、お肌が赤くなったというケースが頻発して、共通項は何かを調査して分かったとの事。

結局化粧品会社もごまかし製品。このような成分を利用して効果が有ったと販売しているのは、良くない。

まして、これによってステロイドと同じようになるのなら、罪な製品。法律で定められた量を守っているからOK!

と考えているのでしょう。

前にも書いたけど、自然に存在する特定の成分だけを抜き出すから、予期せぬ出来事が起きる。

だから、自然に存在する状態(そのままで濃縮はOK)で利用するのなら安全性はより高い。

特定の成分を上げて効果があるというのは、好ましくない。

最初は良くても長期的に何かが起こる可能性がある。

こんな製品を使わなくても、アトピー改善出来ます。

アトピー性皮膚炎に は、免疫機能の異常と説明するが…

よく医者が説明するのは、

アトピーは免疫が異常反応しているから、
それを抑えるためにステロイドを利用すると
説明しています。

ですが、これはウソ。

免疫機能が異常反応しているのでは
ありません。

もし免疫機能が過剰に反応しているのなら、
どうして、アトピー肌に黄色ブドウ球菌が
異常繁殖しているのでしょうか?

逆に免疫機能が低下している状態です。

なのに、医者は免疫機能を抑えるために
ステロイドを利用します。

おかしいと思いませんか?

確かに一時は収まるので、正しいように
見えますが、しばらくするとまた赤くなったり
します。

結局、ステロイドを段々と強くする。

そして、ラベルの劇薬の表示を見て、
辞めてしまう。

そうなるとお決まりのリバウンドで
多くの人が苦しんでしまう。

結局ステロイドは、一見正しいようで
あっても、これで本当に治療しません。

そしてステロイドが排出されるまで、
なんども皮膚が入れ替わってから
脱ステロイドが完了します。

しかし、本当のアトピーになった
原因を解決しないかぎり、
アトピーにかかってしまう可能性が
あります。

だから、医者ではアトピーは治らないのです。

アトピー性皮膚炎の人の、『お風呂は苦手』は塩素だけが問題ではない。

アトピー性皮膚炎の人がよく言う、「お風呂のお湯が肌に沁みる」というのがありますが、

日本の家庭の水は、水道水。

水道水は塩素で消毒

だから塩素が肌に良くないから、
塩素を除去する

それで、販売されているのが、
塩素を除去するシャワーヘッドなどが
売れているようです。

あるいは調剤薬局でビタミンCを大量に
購入してお風呂に入れて脱塩素をする
ことが言われています。

ですが、これが
根本的なアトピー治療(アトピー改善)には
なりません。

それには、なぜ沁みるのかというと、
改めて考えて下さい。

それは、お肌の表面が傷んでいるから
【沁みる】のです。

だから、根本的な
アトピー治療(アトピー改善)は
傷んでいるお肌の皮膚表面を改善すること
が一番です。

それには、一般に販売している化粧品や
スキンケアではダメです。
←理由は、これらの商品は石油系素材を
ベースの商品だからです。

人間は何万年もナチュラルなものを
利用してきました。

そして、石油系素材のものをお肌に
塗っても対応できるようには、
まだ進化していないのです。

コスメ(化粧品) ジプシーで悩んでいる人が、
行き着いているのは、100%ナチュラル スキンケア

これしか、お肌を回復することが出来ません。

そして、お肌の保護膜を回復するには
良質なホホバオイル(成分が人間の皮脂に
よく似ているからです)が最適です。

ホホバオイルを購入するには、
インタッチ ホホバオイル のように
ホホバオイルを一番知っていそうなサイト
から購入することをお勧めします。
←コスメの人から買っても、ホホバオイルの
ことを良くわかっていないので、無駄です。

脱ステロイド医師は、税金の無駄遣い(と思う)

良くアトピー治療で、散々ステロイドを利用させられてから、
脱ステロイドしたいと思うと、脱ステロイド治療の医師がいる。

あるお客さんから聞いた脱ステロイド医療の実態

・何度も病院に来るように言われる。
・病院では、患部を見せてオシマイ。
・薬は出さず見るだけ

だそうです。

これって何なのでしょうか?

・『○○して下さい。』とかも説明ない

ただ所見するだけ、

患者にしてみれば、忙しい時間を割いて
行っても、診るだけ。

結局、アトピーの原因がわかっていないから、
ステロイドを塗らないとどうなるのかを
診るだけになってしまう。

患者は、時間を取られて何を得るものが無い、
でも医者は、しっかりの所見料を請求できる。

これでは、患者は時間と交通費と仕事を切り上げれば
収入がダウン

でも医者はしっかりと請求をしてお金は入る。
←つまり税金から支払われる。(つまり税金泥棒)
←製薬会社からの○○がないから、税金から巻き上げないと
お金が取れないからでは?

何もしないのなら、患者が必要と思う時だけ
行けば良いように改めるべき。

医者の財布から考えないで下さい!

アトピーと合成界面活性剤の関連

アトピーで良く話題になる合成界面活性剤

アトピーの人って結構きれい好きの人が多いように思います。

アトピーでお肌が酷いから、余計にキレイにしようと思うからか、余計にお肌をゴシゴシと擦ってしまうようです。

ですが、これではお肌が一生懸命回復しようとしても、お肌を痛めてしまいます。

そして、アトピー肌は表面の保護膜が合成界面活性剤で破壊されているお肌です。

だからお肌を痛めないように、合成界面活性剤が入っているシャンプー・コンディショナーなどの製品を避けましょう。

昔ながらの製法で作った石鹸を使うことをお勧めします。

ですが、それだけでアトピーを改善することは出来ません。

二十歳をすぎれば、お肌を保護する皮脂膜を作るための材料の皮脂の供給が減ります。

それを補うためにはどうしたらよいか?

それが、今評判のホホバオイルです。

アトピーを改善すると評判のホホバオイルなら、インタッチ ホホバオイルです。

ちょっとグロテスクですが、改善した写真を公開しているので安心です。

他のサイトでは、アトピーをどうしたら良いかを相談出来ません。

脱ステロイド(ステロイド不使用)の医者が、ステロイドを出す

時々見るのが、脱ステロイドとか書いているので、遠距離だったけれど行ってみたら

『こんな酷いならステロイドを利用するしかない!』

等と言われてステロイドをダサれた!

との話しを良く聞きます。

医者はアトピーの原因を知らないのだから、
根本的にアトピー治療が出来ない。

アトピーの原因を説明出来ない人は、
アトピー治療をすべきでなないと思うのだが…。

一般人の論理として当然の流れだが、
医者の論理には、この論理はない。

なんでもいいから薬を出す。

薬をだけば、お金が儲かる。

でも患者は、ステロイドと分かると
利用しない。

このシナリオで儲かるのは、
製薬会社、医師

このシナリオで損するのは、
一般大衆
(だって税金から医薬品への補助が沢山出るから)

もうアトピーだったら医者に行かない!
というのが常識になれば、

税金だって安くなる可能性だってあるのではと
思うのだが???

アトピー治療とアレルギー

アトピーというと、医者が説明するのがアレルギー
○○アレルギーだから、その食材を食べないようにするのが、
正しいアトピー治療のように言われている。

だけど、XXアレルギーだからと説明しているけど、
どこまでがアレルギーなのか?

花粉症もアレルギーで有名。
花粉症といえば、【止まらない鼻水】が代表的な症例と思います。

オーストラリア メルボルンはオーストラリアで一番花粉症が激しいらしい。
メルボルンに来てしばらくしたらら、鼻水が止まらなくなり花粉症と言われた。

困ったな~と思って、試しに○○を飲むようにしたら、
即日で鼻水が止まりました。ということは????

だからアレルギーって単純に△△△だっただけ?

だから今では、体の調子を見ては時々飲んでいます。

ちなみに○○は、太田胃散に入っています。

人によってはそんなもの飲んで大丈夫なんですか?
って聞いてくるけど、炭酸水素ナトリウムという名前で制酸剤として利用されています。

それがバレたら、高いお金を払ってくれないから。固い名前で書いている。

多くの人が知らないだけ。

牛乳にホルモンが入っていると大騒ぎ、でも人体にホルモン(ステロイド) OK ????

題名を見て『え~!!!!』と思った人は、分かったと思います。

家畜の成長を促すために、ホルモン剤を飼料に入っている場合が
あるのを聞いたことがあると思います。

認可されているホルモン:
(アメリカ 6種類、オーストラリアで 5種類、カナダ 3種類、日本 4種類、EU 無し)

気になる人は、
『そんな商魂たくましい肉を食べられるか!?』
って思っていると思います。

ホルモンが入っている肉を食べると何が起こるか?
【幼児なのに乳房が大きくなったり、体毛が早く生えたり、初潮の始まりが早くなったり】
と報告されているそうです。

だから、欧米では安全な食品を求めてオーガニックの肉が重宝されています。

ところが、アトピー治療で使われるステロイドって
ステロイド(副腎皮質ホルモン)であるのをご存知ですよね?
何年もそのホルモンをバンバン利用したら、
人間と家畜とどっちの取扱がまともでしょうか?

大丈夫と思うのか?不思議に思うか?怒り爆発か?
ちょっと考えてみませんか?

人間と動物では、どっちが取り扱いがまとも?

アトピー治療に、ステロイドは不要です。
ステロイドを使わなくても、改善出来ました。

アトピーの本当の原因は、遺伝ではない。

医者がよく言うアトピーの原因として

大人アトピーはストレス
赤ちゃんアトピーは遺伝

がある。

だけど、赤ちゃんアトピーと遺伝とは、全く関係ない。

赤ちゃんアトピーの原因として言われる遺伝だけど、

【説明できないから遺伝】

と言っているように思う。

そんな遺伝があるからガンと同じように遺伝と
説明したいのではと思うが、

だからと言ってアトピー治療の方法が異なる
ことはないと思う。

遺伝を気にしてアトピーにとは、
関係ないところで改善できるから。

アトピーは、1950年代から現れた病気

本当に遺伝がアトピーの原因なら、
日本にある源氏物語の中にアトピーのような
記載があるはずでしょう?

アトピーが認識されたのは、第二次世界大戦後の
アメリカ流生活様式が一般的に
なってきてから。

だからアトピーの原因として遺伝とは
関係ないと断言できす。

アトピー治療のために田舎へ引っ越す。

Youtubeである人がアトピー治療のために、

空気なキレイな田舎へ引越しをすると
言っていた。

何をもってそれを言うのだろうか?

結論からいうと、
『アトピー治療のために田舎へ引っ越す必要はない。』
と断言しても良いと思います。

空気がキレイなところに住んで居ても
アトピーになるからです。

本質的な課題ではないからです。

空気がキレイなところに住んだら、どうして
アトピーが改善されたのかの論理の根拠の
ポイントがズレていると思いました。

いろいろな事をいう人が居ます。ですが、
この人それだけアトピーの人を見ているのだろうか??

ちょっと不思議