グリチルリチン酸の危険性は、78年に厚生省が通達

前回の記事で、グリチルリチン酸の危険性について書きました。

この危険性は、1978年に当時の厚生省通達(薬発第158号 昭和53年2月13日 厚生省薬務局長「グリチルリチン酸等を含有する 医薬品の取扱いについて」)として出ているそうです。

擬似ステロイド様成分を利用することは、知らずに利用していると良い化粧品に見えますが、それだけ不自然は成分を利用しているため、長期的には何らかの【予期せぬ出来事】になるかもしれません。

なので、いまご利用のアトピーがよくなるという化粧品は、避けたほうが良いでしょう。

と書いたところで、本当のステロイドを利用した化粧品が販売されていたことがありました。

化粧品会社って、そんな製品を販売したがる傾向があります。だから化粧品会社の製品には要注意です。

次回の記事にします。

アトピーに効果があるという化粧品に、ステロイドに似た甘草 グリチルリチン酸が…。

とあるアトピー治療の情報のサイトで、

【甘草 グリチルリチン酸が危険】

とのレポート

よくよく読んでみると、アトピーに効果があるという化粧品に、甘草から抽出したステロイドに似たグリチルリチン酸を利用していることが判明。
←コレはまともな意見

この化粧品から、別の化粧品をし始めてから、お肌が赤くなったというケースが頻発して、共通項は何かを調査して分かったとの事。

結局化粧品会社もごまかし製品。このような成分を利用して効果が有ったと販売しているのは、良くない。

まして、これによってステロイドと同じようになるのなら、罪な製品。法律で定められた量を守っているからOK!

と考えているのでしょう。

前にも書いたけど、自然に存在する特定の成分だけを抜き出すから、予期せぬ出来事が起きる。

だから、自然に存在する状態(そのままで濃縮はOK)で利用するのなら安全性はより高い。

特定の成分を上げて効果があるというのは、好ましくない。

最初は良くても長期的に何かが起こる可能性がある。

こんな製品を使わなくても、アトピー改善出来ます。