アトピー治療に、どうやって皮膚再生を活性化させるかの議論がない。

ドクター、製薬会社、化粧品会社に、
どうやって皮膚再生を活性化させるかの議論がない。

アトピーで病院へ行って、もらうステロイドですが、
これには、皮膚組織の再生を遅らせます。

そして化粧品会社の製品を見ても、
皮膚再生を助ける製品は、ないです。

キレイになると書いていますが、
皮膚再生をしてキレイになるとか書いています。

逆に、ステロイドのような機能がある成分を
配合し、これによってステロイドが治った
ような印象を与える製品が多いです。
←アトピーに良いと言われている化粧品を
みると、擬似ステロイド様成分が配合されていました。
←これは誤魔化しです。
これらの製品から別の製品に切り替えると、
脱ステロイド症状(リバウンド)と同じような症状が出ます。

なぜ、このような書き方をしているかというと、
お肌をキレイにするには、
正常な皮膚再生機能を復活させて、
お肌に残留しているステロイドを排出できて、
初めてキレイなお肌に戻ることが出来るからです。

石油系素材を利用している、
医薬品、化粧品は、石油系素材がベースです。

そして感光作用があります。

ドクターは、昔ナチュラルなものだったから
ナチュラルと説明していますが、
何万年前に死んで、
ものとしては鉱物の取り扱いのものを
ナチュラルと説明しています。
←貴女はこれを聞いてどう思いますか?

人間は、何万年も前から生きているものを
捕食して、生きてきました。

動物、魚、木の実、野菜など、
生きているものを捕り、
そしてそれらのエネルギーを
取り入れることにより、生きてきたのです。

アトピーでひどく傷んだお肌であればこそ、
よりお肌に無理がないナチュラルなエネルギーを
利用する必要があります。

これがアトピ自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピーに利用されているステロイドは、人工

アトピーにステロイドは不要だった ステロイド

アトピー治療で利用されるステロイドですが、一番の問題は
化学合成したホルモンだからです。

自然界で作られたものは、微妙にいろいろな成分が
合成されています。

ですが、人工のものは組織が単純ですし、
微妙に違っていたりします。

似たものであって、完璧に一致しているとは
限らないのです。

本当に体内で作られる副腎ホルモンと完璧に同じなら、
いろいろな問題が起こらないでしょう。

が、実際はいろいろなことが起きているということは、
なにかずれているのです。

ドクターは、アトピーは免疫が過剰反応していると説明します。が、
アトピー自然療法実践会は、過剰反応しているとは考えていません。

むしろ逆です。

西洋医学の薬は、ケミカル ストレスで長い間の利用は
好ましくありません。

安保徹先生は、消炎鎮痛剤を長期に利用していると
万病の元と説明されています。

また、以前のネットには降圧剤を真面目に服用していた
人ほど早死したとのレポートがありました。

この点からも、ステロイドを長期利用をお勧めしません。

ドクターも長期利用はと言いつつ、
抑えるために漫然と利用しているのが、実態です。

早めに脱ステロイドすることをお勧めします。

これがアトピ自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アロマセラピーが、コスメ(化粧品)・医薬品を避ける理由

アロマセラピー業界の人が、
コスメ(化粧品)・医薬品を避ける理由をお話します。

一番目の理由:
これらの業界が石油系素材を利用しているから。

石油系素材を長年利用していると、石油系素材に感光作用があるので、ソバカス・シミが出来ます。

なので、ナチュラルな素材であってもオイルだから、感光作用があると質問をしてくる人が多いですが、ナチュラルなオイルで感光作用が無いオイルはあります。

二番目の理由:
そして、アロマ業界の人間が嫌がる一番の理由が、かれらは石油系素材とナチュラルなものをごちゃ混ぜにしているから。

あたかも全てのオイルが同じような表現をしていますが、明確に違います。

石油系素材は、カスとなって毛穴を塞ぎます。
これが原因で角栓になったり、ニキビになったりします。

頭皮の場合は、カスが毛穴を埋めるので毛が薄くなったりもします。

ところがホホバオイルを塗っていると、毛穴を塞いでいるカスが自然に出てきます。

ある医者が書いていたブログに、

【石油は昔は植物だったらナチュラル】

だそうです。

だからワセリンとかを塗っても気にしないのでしょう。

私は、気持ち悪いのでごめんです。

皮膚科の医者は、すべての症状にステロイド…、みたい

ちょっと皮膚がおかしいからと皮膚科の先生へ訪れると、ちらっと見てこの薬で…。

で、多くの場合ステロイド

【症状が違っていても、ステロイド】

これでは、深淵な思慮に基づいての判断と言えるのでしょうか?

薬が違えば、納得するがどの症状でもステロイドなら、皮膚科の先生は要らない!

と叫んでいます。

ですが、ナチュラルから思えばステロイドって、ゴマカシ治療

誰でも知っている、本来の原因を解決するのではなく、その場凌ぎの薬だっていうことを誰もが知っている。

結局、これが意味することは、医者及び製薬会社は本当のこの病気になる原因を知らない。

としか思えない。

【原因は分かりません、取り敢えずこの薬で抑えてね。】

でも言えば良い物を、『これで治ります。』は、ないでしょう!

それで、高い金を国へ請求できるのだから、酷い話し。

そんな、患者が嫌っているステロイドを利用しなくても、アトピーは改善出来ました。

アトピーは、自然治癒力で改善できた。

はじめまして。

アトピーの人達を見ていて、ある共通点があることに気が付きました。

それを見つけてから、多くの人と向い合ってアトピーになるプロセスが分かりました。

そして、そのプロセスを逆にすることにより、アトピーが改善されました。

だから、アトピーを治すのにステロイドは要りません。

私が見てきたケース、そして医薬品や化粧品についてのケースを含めてブログに書き綴ります。

このブログが、アトピーやニキビで悩んでいる方々への指針になれば幸いです。

2012年7月吉日