アトピーにホホバオイルが良いと聞いたのですが本当ですか???

ブログの読者から問い合わせがありました。

読者からの質問:

アトピーにホホバオイルが良いと聞いたのですが、本当でしょうか?

この回答ですが、『Yes』と『No』があります。

Yes、ですが、良質のホホバオイルなら、アトピーに効果的です。

アトピーは超乾燥肌なのでその保湿には非常に効果があります。なぜ良質のホホバオイルなら効果的かというと、

化粧品って、お肌のための栄養分を気にして購入しませんか?保湿するための成分、栄養、新成分配合などの文言は、お肌を良くするための成分が配合されているから、購入しますよね?

ホホバオイルも品質が良いホホバオイルならお肌のための有効成分が入っているので、オススメ出来ます。

しかし、

No と言わなければならないホホバオイルも存在します。

それは、たとえオーガニック認定と宣伝しているホホバオイルでも、クレンジングの時にホホバオイルが目に入るとピリピリするホホバオイルがあるそうです。そのようなホホバオイルは、何らかの化学成分が入っているので辞めましょう。ピュアなホホバオイルではありません。

そして、無◯などの大メーカが販売している精製ホホバオイルです。精製ホホバオイルはお肌のための滋養成分が破壊されています。そして場合によっては、何らかの防腐剤成分が入っている可能性があります。

ある質問サイトで、無◯ホホバオイルを塗ったらお肌がどんどん赤くなってしまったそうです。その会社のサイトでは、成分表には、【ホホバオイル】としか書いていません。本物のホホバオイルならちょっと塗っただけで、真っ赤になるようなことはないです。

ホホバオイルは、化粧品ではないので全成分表示義務はありません。なので全ての成分を表示しなくても良いのです。

ゴールデン ホホバオイルは、ホホバの実が作ったお肌のための滋養成分(抗酸化作用成分を含む)が残っていますが、精製ホホバオイルにはお肌のための滋養成分は破壊されているので、残っていません。

そしてこの滋養成分が残っているので、ホホバオイルは長期保存が可能ですが、精製オイルでは滋養成分が残っていないので、長期保存のために、BHT等のお肌を傷めるので有名な成分を添加している可能性があります。

そしてBHT等の成分はお肌を傷める可能性がある成分です。だからすぐに塗って真っ赤になってしまう人が居たとしてもおかしくありません。

なので、

有名な会社だから大丈夫

安いから

などの理由で、ホホバオイルを選ばない方が良いです。

あなただって、日本茶なら◯◯産とかブランドを選びますよね?ホホバオイルも同じです。

アトピー自然療法実践会としてオススメするのは

インタッチ アロマケア ホホバオイルです。

推奨する理由ですが、

1) 実績を公開している。
2) ホホバオイル以外にも必要な場合の商品が用意されている。
3) インタッチアロマケアは、日本のプロのアロマセラピストが購読している業界誌へ、10年近く寄稿している有名人です。そして、セミナーのパネルとして何度も参加している有名人です。
4) 本人が化粧品で肌を傷め化粧品を使えない超敏感肌なので、自分の肌で良かった製品しか出さないというポリシーを持っています。

ナチュラル スキンケアの専門なので、石油系成分で傷んだお肌の女性でも安心してご利用頂けるからです。

ナチュラルなものは、人工(人造)のものより安全

いろいろな人からの質問にあるのに、

『ホホバオイルは安全ですか?』

があります。

どうもこの背景には、人工のものは安全で自然のものは
危ないと考えているように見えます。

ですが、実際は逆です。

ナチュラルなものは、微量な過激な成分とそれを
抑える成分が、同時に存在しています。このため
安定していて、安全な状態で存在します。

逆に医薬品などは、この過激な効果が出る成分を
抽出して利用します。ですから使い方を誤ると
大変なことになりかねません。

お酒に例えると、ナチュラルはマイルドで
人造のものはトゲがあるお酒です。

その良い例が、小さいボトルで販売されている
目薬ですが、このボトルを一度に飲んだら、
ほぼ確実に死亡すると言われています。

そして血圧を下げる降圧剤をまじめに飲んだら
早死したとのレポートもあります。

消炎鎮痛剤を長期利用すると、ガンなどを
引き起こすと言われています。

ステロイドを長期に利用すると、リバウンドが
非常に困難になります。

つまり医薬品はそれだけ危険なのです。

医薬品を使わない生活を心がけるべきなのです。

それでは、次に化粧品ですが、
悪名名高い合成界面活性剤がクレンジングに
利用されています。

アトピーなどの原因と言われています。

そして生活用品であっても皮膚トラブルを
起こしたりしている製品には、ほぼ確実に
この合成界面活性剤が利用されています。

このような皮膚トラブルを起こすものは
安全でないと想像出来ます。

ホホバオイルは、その点非常に安定していて、
体重50キロの人が一度に1Lを飲んだとしても、
死亡する確立は5% 以下です。

統計学的には、ほとんど死亡しません。

ナチュラルと人工(医薬品・化粧品・生活用品)
のどっちが危険でしょうか?

アトピー改善には忍耐が必要

アトピーとステロイドと言ったら、泣く子も黙るリバウンド

ステロイドが怖くなり、脱ステロイドを始めたら

真っ赤になった肌

かゆいと泣き叫ぶ子供

10年以上ステロイド漬けになった人は、大変です。

その点、女性は良いです。
体が酷くなったら、家事手伝いで家庭に引っ込めるから…。

男性は、そうは行きません。家庭のためにと、赤い顔をして一生懸命働いているお父さんもいます。
そういう男性を見るとスゴイなと思います。

話しを戻して、

お子さんが脱ステロイドするケースでよくあるのが、子供が泣き叫んでステロイドを塗ってしまったとの話しをよく聞きます。

なので、すぐにXXになったと過剰に反応しすぎです。

アトピーがどんな病気なのか、そしてステロイドがどんな薬なのか

それを知ったらリバウンドは怖く有りません。

医者は、この2点を無視しています。だから治せないのです。

リバウンドは、忍耐が必要です。ステロイドを利用した年数分、脱ステロイドにかかると思っておいてください。

結局ちょっとした事でステロイドを塗ってしまうからダメなのです。

ステロイドも化粧品も塗らないほうが良いです。お肌を痛めるからです。
それよりもナチュラルなホホバオイルがお勧めです。
ちゃんとアトピー改善の写真を公開しているサイトがあります。
いろいろと教えてくれるサイトから購入しましょう。

アトピーと合成界面活性剤の関連

アトピーで良く話題になる合成界面活性剤

アトピーの人って結構きれい好きの人が多いように思います。

アトピーでお肌が酷いから、余計にキレイにしようと思うからか、余計にお肌をゴシゴシと擦ってしまうようです。

ですが、これではお肌が一生懸命回復しようとしても、お肌を痛めてしまいます。

そして、アトピー肌は表面の保護膜が合成界面活性剤で破壊されているお肌です。

だからお肌を痛めないように、合成界面活性剤が入っているシャンプー・コンディショナーなどの製品を避けましょう。

昔ながらの製法で作った石鹸を使うことをお勧めします。

ですが、それだけでアトピーを改善することは出来ません。

二十歳をすぎれば、お肌を保護する皮脂膜を作るための材料の皮脂の供給が減ります。

それを補うためにはどうしたらよいか?

それが、今評判のホホバオイルです。

アトピーを改善すると評判のホホバオイルなら、インタッチ ホホバオイルです。

ちょっとグロテスクですが、改善した写真を公開しているので安心です。

他のサイトでは、アトピーをどうしたら良いかを相談出来ません。

化粧品でアトピーが治らない理由

多くの人が勘違いしているのが、化粧品でアトピーを治そうと考えること。

化粧品でアトピーを治療出来ません。

理由は、化粧品は見せたくないものを隠すのが化粧品だから。

スキンケア商品と書いてあるのもありますが、
お肌を傷める製品を出していても気にしない会社が、
本当にスキンケアをする商品を出していると
信じることが出来ますか?

そして、アトピー肌って表面が合成界面活性剤で
傷んでいるお肌です。

だから、角質層のケアが必要です。

そんなお肌に石油系素材の化粧品を塗ったら
それだけで感光作用でお肌が傷みます。

だから、アトピー肌の人はお肌の保護膜で
ある皮脂膜を回復しないとダメなのです。

そして皮脂膜を回復するには、
二十歳になったら供給が減ると言われている
皮脂を塗るのが良いのですが、
それに一番近いのがホホバオイルなのです。

ホホバオイルは、お肌の保護膜である皮脂膜を
回復するのに非常に便利です。

ホホバオイルを買うのならアロマセラピーを
よく知っているところから買いましょう。

コスメの人は体のことを知らないので、
あまりあてにはなりません。

ワセリンの副作用

医薬品としてよく知られているワセリン

これは、石油系素材というのは、知られていると思います。

実は、ワセリンにも副作用というと大げさですがあります。

それは、

ワセリンの感光作用によりオイル焼けするのです。
・シミ(が有るのなら、そばかすも有ってもおかしく無い?)
・皮膚の変色
・黒ずみ

シミ:
シミの原因は、感光作用があるのでなると言われています。
対策:オイル焼けしないオイル(ホホバオイル 等)を塗って下さい。

皮膚の変色:
石油系素材なので、お肌に無理をかけるのです。そしてお肌のターンオーバーが遅くなると皮膚の色が変わってきます。
対策:ナチュラルなオイル焼けしないオイル(ホホバオイル)ならお肌に負担をかけません。

黒ずみ:
ワセリンは石油系素材なので、毛穴にカスが溜まってなります。
対策:毛穴のカスを除去するのは、ホホバオイルが塗って下さい。ホホバオイルは毛穴に染み込んで、ゴミをキレイに排出します。

なので、ナチュラルな素材を利用するのが、便利です。

ホホバオイルを購入するポイント:
・ゴールデン ホホバオイルであること
・ちゃんと利用方法を教えてくれそうな会社
・アロマセラピー(コスメはダメ)のお店
・安さだけで勝負している店もダメ
・オーストラリア政府公認のホホバオイルは有りません。