青森のアトピー性皮膚炎を治す病院ではやはりステロイドを利用しているみたい。

青森のアトピー性皮膚炎を治す病院ではやはりステロイドを利用しているみたい。

青森のアトピー性皮膚炎を治す病院というのを探していて、
やっと見つけました。

そして2チャンネルの中で、

【ベリーストロング ステロイドを軟膏で薄めたもの…】

との記述を見つけました。

アトピー性皮膚炎を治す病院で、病院お手製の軟膏を出す病院は
要注意でしょう。

ステロイドが嫌なら、電話で確認しようとしても
本当の事を話して暮れるだろうか?わかりません。

やはり、病院手製の軟膏を出すところは
要注意のようです。

それよりも、もっと基本的な点から、
アトピー性皮膚炎のと向き合うことをお勧めします。

良く脱ステロイドは危険との話しがありますが、
脱ステロイドはどうして辛いかというと
長年ステロイドで皮膚組織を抑えていたからです。

ステロイドが来なくなれば、
体が活性化しはじめてリバウンドになります。

リバウンドがイヤというのは分かりますが、
リバウンドが嫌で、
ステロイドを利用してしまったのなら、
リバウンドがひどくなるのは、当然です。

それを選択したのは、自分です。

をれを考えて下さい。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

本当シリーズ:ステロイドをいきなり止めることは、大変危ない?

アトピー性皮膚炎の脱ステロイドは危ない???

ネットを見ているといろいろな意見があります。

その中で見つけたのが、

■■■ 転載 はじめ ■■■
【ステロイドをいきなり止めることは、大変危ない】

理由:
ステロイドの使用を突然中止することは、重篤な感染症を誘発する為、大変危険です。

ステロイドで症状を抑えながら、根本的な要因である「栄養状況」を見直していきましょう。

そうすることにより、ちょっとずつ必要な薬の分量が減ってきます。
■■■ 転載 おわり ■■■

だそうです。

一度、病院が出す弱いステロイドだから大丈夫と
言われ、30年もステロイドを利用して来た女性のケースが
ありました。

この女性、脱ステロイドをしたいと言われていましたが、
ちょっとステロイドを切れた途端に、
もう大変な騒ぎに!!

『苦しい』、『痛い』 等々

40近い女性で、『仕事を休まないとダメなのは生活出来なくなる。』
とかいろいろ文句を言われていましたが、

結局、ステロイドへ戻りました。

ですが、

アトピー性皮膚炎だからとステロイドを出されても
ステロイドを使わないのが一番です。

そして、ステロイドは免疫を抑える薬なので、
『脱ステロイドは重篤な感染症を誘発する』
と考える人が多いですが、これはウソです。

ステロイドを利用するほど、逆に免疫が抑えられた
状態なので、体のためには良く有りません。

一刻も早く、可能な限りステロイドを切るべきと
考えています。

リバウンドが怖いのなら、ステロイドを弱めながら
利用する方法があります。

ですが、リバウンドは体が正常に戻ろうとして
なるので、恐れないで欲しいと思います。

一番大事なことは、

アトピー → ステロイド

と、ステロイドを出されても利用しないことです。

もっと身近なところにアトピー性皮膚炎の原因があります。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピー性皮膚炎の人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー治療に、どうやって皮膚再生を活性化させるかの議論がない。

ドクター、製薬会社、化粧品会社に、
どうやって皮膚再生を活性化させるかの議論がない。

アトピーで病院へ行って、もらうステロイドですが、
これには、皮膚組織の再生を遅らせます。

そして化粧品会社の製品を見ても、
皮膚再生を助ける製品は、ないです。

キレイになると書いていますが、
皮膚再生をしてキレイになるとか書いています。

逆に、ステロイドのような機能がある成分を
配合し、これによってステロイドが治った
ような印象を与える製品が多いです。
←アトピーに良いと言われている化粧品を
みると、擬似ステロイド様成分が配合されていました。
←これは誤魔化しです。
これらの製品から別の製品に切り替えると、
脱ステロイド症状(リバウンド)と同じような症状が出ます。

なぜ、このような書き方をしているかというと、
お肌をキレイにするには、
正常な皮膚再生機能を復活させて、
お肌に残留しているステロイドを排出できて、
初めてキレイなお肌に戻ることが出来るからです。

石油系素材を利用している、
医薬品、化粧品は、石油系素材がベースです。

そして感光作用があります。

ドクターは、昔ナチュラルなものだったから
ナチュラルと説明していますが、
何万年前に死んで、
ものとしては鉱物の取り扱いのものを
ナチュラルと説明しています。
←貴女はこれを聞いてどう思いますか?

人間は、何万年も前から生きているものを
捕食して、生きてきました。

動物、魚、木の実、野菜など、
生きているものを捕り、
そしてそれらのエネルギーを
取り入れることにより、生きてきたのです。

アトピーでひどく傷んだお肌であればこそ、
よりお肌に無理がないナチュラルなエネルギーを
利用する必要があります。

これがアトピ自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

アトピー性皮膚炎に は、免疫機能の異常と説明するが…

よく医者が説明するのは、

アトピーは免疫が異常反応しているから、
それを抑えるためにステロイドを利用すると
説明しています。

ですが、これはウソ。

免疫機能が異常反応しているのでは
ありません。

もし免疫機能が過剰に反応しているのなら、
どうして、アトピー肌に黄色ブドウ球菌が
異常繁殖しているのでしょうか?

逆に免疫機能が低下している状態です。

なのに、医者は免疫機能を抑えるために
ステロイドを利用します。

おかしいと思いませんか?

確かに一時は収まるので、正しいように
見えますが、しばらくするとまた赤くなったり
します。

結局、ステロイドを段々と強くする。

そして、ラベルの劇薬の表示を見て、
辞めてしまう。

そうなるとお決まりのリバウンドで
多くの人が苦しんでしまう。

結局ステロイドは、一見正しいようで
あっても、これで本当に治療しません。

そしてステロイドが排出されるまで、
なんども皮膚が入れ替わってから
脱ステロイドが完了します。

しかし、本当のアトピーになった
原因を解決しないかぎり、
アトピーにかかってしまう可能性が
あります。

だから、医者ではアトピーは治らないのです。

アトピー改善には忍耐が必要

アトピーとステロイドと言ったら、泣く子も黙るリバウンド

ステロイドが怖くなり、脱ステロイドを始めたら

真っ赤になった肌

かゆいと泣き叫ぶ子供

10年以上ステロイド漬けになった人は、大変です。

その点、女性は良いです。
体が酷くなったら、家事手伝いで家庭に引っ込めるから…。

男性は、そうは行きません。家庭のためにと、赤い顔をして一生懸命働いているお父さんもいます。
そういう男性を見るとスゴイなと思います。

話しを戻して、

お子さんが脱ステロイドするケースでよくあるのが、子供が泣き叫んでステロイドを塗ってしまったとの話しをよく聞きます。

なので、すぐにXXになったと過剰に反応しすぎです。

アトピーがどんな病気なのか、そしてステロイドがどんな薬なのか

それを知ったらリバウンドは怖く有りません。

医者は、この2点を無視しています。だから治せないのです。

リバウンドは、忍耐が必要です。ステロイドを利用した年数分、脱ステロイドにかかると思っておいてください。

結局ちょっとした事でステロイドを塗ってしまうからダメなのです。

ステロイドも化粧品も塗らないほうが良いです。お肌を痛めるからです。
それよりもナチュラルなホホバオイルがお勧めです。
ちゃんとアトピー改善の写真を公開しているサイトがあります。
いろいろと教えてくれるサイトから購入しましょう。

医者は、天然と人工のものを区別しない、だけど体は見分ける。

医薬品や化粧品ってよく考えてみれば分かる話だけど、
人造(人工)のものを区別しない。

だけど、体はちゃんと人工のものと天然のものを
区別する。

どうして、人工のものと天然のものを
区別できるのか?

それは天然のものは、構造が複雑だから。

いろいろな成分が微妙な違いのもので
組合わさっているのが自然のもの。

ところが、人工のものは組成が簡単
だから、体は人工ホルモンと天然ホルモンとを
見分けます。

人間の体は、何万年もの情報で分離べき
情報を持っている。

だけど、振り分けるべき情報が腎臓に
登録されていないと、排出出来ない。

だけど、皮膚は自分に合わないものを
排出しようとするので、過酸化脂質として
残留しているステロイドを排出させようと
して、脱ステロイドのリバウンドで
何度も皮膚再生を繰り返して、
ステロイドを排出します。