アトピー治療に、どうやって皮膚再生を活性化させるかの議論がない。

ドクター、製薬会社、化粧品会社に、
どうやって皮膚再生を活性化させるかの議論がない。

アトピーで病院へ行って、もらうステロイドですが、
これには、皮膚組織の再生を遅らせます。

そして化粧品会社の製品を見ても、
皮膚再生を助ける製品は、ないです。

キレイになると書いていますが、
皮膚再生をしてキレイになるとか書いています。

逆に、ステロイドのような機能がある成分を
配合し、これによってステロイドが治った
ような印象を与える製品が多いです。
←アトピーに良いと言われている化粧品を
みると、擬似ステロイド様成分が配合されていました。
←これは誤魔化しです。
これらの製品から別の製品に切り替えると、
脱ステロイド症状(リバウンド)と同じような症状が出ます。

なぜ、このような書き方をしているかというと、
お肌をキレイにするには、
正常な皮膚再生機能を復活させて、
お肌に残留しているステロイドを排出できて、
初めてキレイなお肌に戻ることが出来るからです。

石油系素材を利用している、
医薬品、化粧品は、石油系素材がベースです。

そして感光作用があります。

ドクターは、昔ナチュラルなものだったから
ナチュラルと説明していますが、
何万年前に死んで、
ものとしては鉱物の取り扱いのものを
ナチュラルと説明しています。
←貴女はこれを聞いてどう思いますか?

人間は、何万年も前から生きているものを
捕食して、生きてきました。

動物、魚、木の実、野菜など、
生きているものを捕り、
そしてそれらのエネルギーを
取り入れることにより、生きてきたのです。

アトピーでひどく傷んだお肌であればこそ、
よりお肌に無理がないナチュラルなエネルギーを
利用する必要があります。

これがアトピ自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

暑い夏だと、石油系素材のクリームやワセリンで蒸れませんか?

今年の夏は、猛暑で大変なようですね。

そうなると気になるのが、そんな猛暑の時に
化粧品やワセリンを塗れますか?

化粧品や医薬品のベースは、石油系成分ですので、
毛穴などにカスを残しますし、
蒸れます。

そして女性が嫌がる感光性作用もあるので、
日焼けします。うっとうしくなります。
←蒸れて、日焼けもと言ったら最悪ではありませんか?

ホホバオイルは、人間の皮脂に非常に似ている
ので、皮膚呼吸できます。だから、蒸れません。

しかもカスが残りません。
←石油系素材は、カスが残って毛穴を塞ぎます。

だから汗疹の肌にはホホバオイルが最適です。

そして日に焼けても、後からホホバオイルを塗っても
日焼けが引くのが早いです。
ホホバオイルで日焼けが引いた証拠写真

だから、ホホバオイルは夏にお勧めです。

参考:
サンスクリーンで悪性腫瘍(皮膚ガン)が増加

アロマセラピーが、コスメ(化粧品)・医薬品を避ける理由

アロマセラピー業界の人が、
コスメ(化粧品)・医薬品を避ける理由をお話します。

一番目の理由:
これらの業界が石油系素材を利用しているから。

石油系素材を長年利用していると、石油系素材に感光作用があるので、ソバカス・シミが出来ます。

なので、ナチュラルな素材であってもオイルだから、感光作用があると質問をしてくる人が多いですが、ナチュラルなオイルで感光作用が無いオイルはあります。

二番目の理由:
そして、アロマ業界の人間が嫌がる一番の理由が、かれらは石油系素材とナチュラルなものをごちゃ混ぜにしているから。

あたかも全てのオイルが同じような表現をしていますが、明確に違います。

石油系素材は、カスとなって毛穴を塞ぎます。
これが原因で角栓になったり、ニキビになったりします。

頭皮の場合は、カスが毛穴を埋めるので毛が薄くなったりもします。

ところがホホバオイルを塗っていると、毛穴を塞いでいるカスが自然に出てきます。

ある医者が書いていたブログに、

【石油は昔は植物だったらナチュラル】

だそうです。

だからワセリンとかを塗っても気にしないのでしょう。

私は、気持ち悪いのでごめんです。

化粧品は、見せたくないものを隠すもの

多くの人が勘違いしているのではと思うのが、化粧品をスキンケアと思っていること。

江戸時代からもそうだけと、キレイに見せるためのものであって、お肌のケアをするためのものではないのです。

だから、コスメ業界の人は化粧品の成分に石油系素材が入っていてもキレイに見えるのなら、OK

というのが基本的な考え方。

逆にアロマセラピーの方は、コスメが石油系素材の感光作用でシミが出来たり、合成界面活性剤で赤パンダになった友達とかで肌を痛めた経験があったりすると、それにコリているとコスメの話しにはうんざりしたり、反発したりしている。

結局、多くの人がある程度の期間化粧品を利用して
何かが起きてから、
コスメ(化粧品)ジプシーになって、
ダメと悟ってから
ナチュラル スキンケアへと転向する。

石油系素材を利用した化粧品って、○○ではと思います。

化粧品でシミの原因は、石油系素材の感光作用

化粧品を長く利用している女性が気になるのが

【シミ・ソバカス】

これって、多くの女性が悩んでいます。

段々気になると余計にファンデーションを濃くしてみたりとか、覚えがある女性も居ると思います。でも、その気になる原因は化粧品の素材が石油系だから。

化粧品会社が黙って知られたくない事実なのです。

逆に、アロマセラピーの観点からは、化粧品の持つ構造がお肌を傷めるので、化粧品で悩むのなら、高い化粧品を買い換えて散財するより、アロマセラピーの100%ナチュラルなスキンケアの方が、お肌にやさしいです。

そして化粧品にある【自然派化粧品】は100%ナチュラルと思っている女性が居ると思いますが、真っ赤なインチキです。

その会社の化粧品としてはナチュラル成分が多少増えただけで、彼らは【自然派化粧品】として販売していますが、大部分は石油系素材です。

だから、【自然派化粧品】を利用しても構造的な欠陥は改善されていません。
←これって、ちょっとズルイと思いませんか?

貴女の大事なお肌を守るためには、品質の良いホホバオイルがお肌の保護膜を再生するので、最適です。

品質が良いホホバオイルを購入するには、

コスメの人ではなく、アロマセラピーの人のホホバオイルの方が、
コスメの人が言えない事を、いろいろなことを教えてもらえます。

理由は、コスメの人の情報は、化粧品会社から来ているからです。

ワセリンの副作用

医薬品としてよく知られているワセリン

これは、石油系素材というのは、知られていると思います。

実は、ワセリンにも副作用というと大げさですがあります。

それは、

ワセリンの感光作用によりオイル焼けするのです。
・シミ(が有るのなら、そばかすも有ってもおかしく無い?)
・皮膚の変色
・黒ずみ

シミ:
シミの原因は、感光作用があるのでなると言われています。
対策:オイル焼けしないオイル(ホホバオイル 等)を塗って下さい。

皮膚の変色:
石油系素材なので、お肌に無理をかけるのです。そしてお肌のターンオーバーが遅くなると皮膚の色が変わってきます。
対策:ナチュラルなオイル焼けしないオイル(ホホバオイル)ならお肌に負担をかけません。

黒ずみ:
ワセリンは石油系素材なので、毛穴にカスが溜まってなります。
対策:毛穴のカスを除去するのは、ホホバオイルが塗って下さい。ホホバオイルは毛穴に染み込んで、ゴミをキレイに排出します。

なので、ナチュラルな素材を利用するのが、便利です。

ホホバオイルを購入するポイント:
・ゴールデン ホホバオイルであること
・ちゃんと利用方法を教えてくれそうな会社
・アロマセラピー(コスメはダメ)のお店
・安さだけで勝負している店もダメ
・オーストラリア政府公認のホホバオイルは有りません。