ステロイドは安全か?副作用9 皮下出血(ステロイド紫斑)

ステロイドの副作用で皮下出血(ステロイド紫斑)がありました。

これについて書かれているサイトを調べていると、ステロイドが皮膚再生の速度を遅くするために、皮膚が薄くなってしまい、黒アザ(皮下出血)になるらしいです。

ステロイド紫斑と呼ばれ、特に老人の四肢に多く生じるらしいです。

何度も書いていますが、西洋医学の医薬品はケミカル ストレスで体の機能を抑えます。
だから、安保徹先生が、

『消炎鎮痛剤を継続利用していると、ガンなどの病気になる。』

と書かれています。

つまりステロイドの長期的利用によって皮膚再生機能が抑えられ、
皮膚組織が薄くなり、血管がうすくなり破裂してしまう。

でも、どこにコレが起きる分からないのではと、ちょっと疑わしいのではとも思います。

起こるという意味ではないですが、ある意味仮説として書いています。

脳内の血管がこれで破裂したらどうなるか?ということもあるのでは?
という疑いです。あくまでも疑い。起きているとは書いていません。

やはり、ステロイド(医薬品)の長期利用って、すべきでないと思います。

ステロイドを利用しなくてもアトピー性皮膚炎は
改善できました。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会

ナチュラルなものは、人工(人造)のものより安全

いろいろな人からの質問にあるのに、

『ホホバオイルは安全ですか?』

があります。

どうもこの背景には、人工のものは安全で自然のものは
危ないと考えているように見えます。

ですが、実際は逆です。

ナチュラルなものは、微量な過激な成分とそれを
抑える成分が、同時に存在しています。このため
安定していて、安全な状態で存在します。

逆に医薬品などは、この過激な効果が出る成分を
抽出して利用します。ですから使い方を誤ると
大変なことになりかねません。

お酒に例えると、ナチュラルはマイルドで
人造のものはトゲがあるお酒です。

その良い例が、小さいボトルで販売されている
目薬ですが、このボトルを一度に飲んだら、
ほぼ確実に死亡すると言われています。

そして血圧を下げる降圧剤をまじめに飲んだら
早死したとのレポートもあります。

消炎鎮痛剤を長期利用すると、ガンなどを
引き起こすと言われています。

ステロイドを長期に利用すると、リバウンドが
非常に困難になります。

つまり医薬品はそれだけ危険なのです。

医薬品を使わない生活を心がけるべきなのです。

それでは、次に化粧品ですが、
悪名名高い合成界面活性剤がクレンジングに
利用されています。

アトピーなどの原因と言われています。

そして生活用品であっても皮膚トラブルを
起こしたりしている製品には、ほぼ確実に
この合成界面活性剤が利用されています。

このような皮膚トラブルを起こすものは
安全でないと想像出来ます。

ホホバオイルは、その点非常に安定していて、
体重50キロの人が一度に1Lを飲んだとしても、
死亡する確立は5% 以下です。

統計学的には、ほとんど死亡しません。

ナチュラルと人工(医薬品・化粧品・生活用品)
のどっちが危険でしょうか?

降圧剤を真面目に飲んだら早死

この頃の医薬品の予防薬の類は、危ないのが多い。

安保徹先生の著書に、消炎鎮痛剤(痛み止め)を
常用していると、最後には癌になると書いています。

薬は、結局ケミカル ストレスです。
←これがポイントです。

その証拠に、降圧剤を真面目に飲んでいる人が
早死とのレポートがありました。

つまり、無理やり血圧を下げようとするために
早死していると説明されていました。

結局健康のためと称して製薬会社の儲けを
隠している訳です。

医者は、患者の事を考えて進めているのかも
しれませんが、結果は明確です。

製薬会社は儲かり、人を早死させても
知らんぷり

そしてオーストラリアでは、子供向けの
消炎鎮痛剤まで販売し始めています。

絶対に飲ませるものでは、ないと思います。