ステロイドは安全か?副作用9 皮下出血(ステロイド紫斑)

ステロイドの副作用で皮下出血(ステロイド紫斑)がありました。

これについて書かれているサイトを調べていると、ステロイドが皮膚再生の速度を遅くするために、皮膚が薄くなってしまい、黒アザ(皮下出血)になるらしいです。

ステロイド紫斑と呼ばれ、特に老人の四肢に多く生じるらしいです。

何度も書いていますが、西洋医学の医薬品はケミカル ストレスで体の機能を抑えます。
だから、安保徹先生が、

『消炎鎮痛剤を継続利用していると、ガンなどの病気になる。』

と書かれています。

つまりステロイドの長期的利用によって皮膚再生機能が抑えられ、
皮膚組織が薄くなり、血管がうすくなり破裂してしまう。

でも、どこにコレが起きる分からないのではと、ちょっと疑わしいのではとも思います。

起こるという意味ではないですが、ある意味仮説として書いています。

脳内の血管がこれで破裂したらどうなるか?ということもあるのでは?
という疑いです。あくまでも疑い。起きているとは書いていません。

やはり、ステロイド(医薬品)の長期利用って、すべきでないと思います。

ステロイドを利用しなくてもアトピー性皮膚炎は
改善できました。

【アトピー性皮膚炎は、複数要因が継続したためになります。】

これがアトピー自然療法実践会のお勧めです。

アトピーの人は、体全体を診る必要があります。アトピー性皮膚炎を改善をしたかったら、
アトピー性皮膚炎の改善にステロイドは不要をご覧下さい。
アトピー自然療法実践会