アトピー改善で多くの人が誤っていること その2

多くの人が勘違いしている その2

リバウンドでよくある質問が、

『皮膚がガサガサになって来ましたが、
大丈夫でしょうか?』

とメールを頂きます。

最初に皮膚がどうやって常にキレイなお肌を
維持しているのかを知って下さい。

ちょっと思い出して欲しいのですが、
昆虫は固い殻で覆われていて、
脱皮を繰り返す事によって大きくなります。

人間の場合は、下に皮膚組織を作りその上にある
皮膚が垢となってはがれ落ちて皮膚表面を
入れ替えます。

このためにいつもお肌がキレイに見えるのです。

じゃあ、

『どうしてガサガサになるか?』

ですが、ガサガサになったところは、ステロイドや
ワセリンを利用していた場所ではありませんか?

ステロイドやワセリンは石油系素材です。

このため、これらを長期利用していると
お肌に石油系成分が残ります。

なので、これらの成分を塗らないように
なると、体がそれって残留している石油系
成分を排出しようとします。

つまりゆっくり垢となって剥がし落とすのではなく、
急速に皮膚組織をつくり、まとめて石油系由来の成分を
剥がし落とそうとするので、ガサガサを作ります。

なので、ステロイドを辞めてお肌が
ガサガサになっても心配する必要は
ありません。

何度も入れ替えして、お肌に不要な成分(石油系成分)を
除去できれば、自然と治まります。

安心して下さい。

アトピーはステロイドを塗る前にすることが
あります。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

赤パンダの女性が来られて話しを聞いたら…

以前クリニックに、目の周りが赤くなってしまったと若い女性が来られました。

見てみると、眼の周りのくぼみの部分が薄く赤くなっていました。
まるで赤パンダ

ちょっと気になって、そこになにを利用していますか?
って聞いたら案の定帰ってきた答えは…、

【マスカラ用クレンジング】

しかし、そんなになるまで我慢してしまうという
我慢強さには関心してよいのか???

その日は、クレンジングには合成界面活性剤が
入っていて脂分を根こそぎ採ってしまうこと。

細胞間脂質まで取られてしまうために、
それをカバーしようと血行を良くして
赤くなること。

このままだど、皮膚表面が破壊されれているので、
皮膚表面をなるべく早く保護する必要があること。

化粧品は石油系成分が主体なので、体には好ましくないこと。

これらを説明して、ナチュラルな最適なのは、
ホホバオイルは、人間の皮脂に一番近いので安全で
保護膜を作るから最適であることを説明して、
利用を開始しました。

進捗を教えて欲しいと頼んでおいたら、
まもなく赤パンダは消えたと連絡をもらいました。

この女性が利用したインタッチ ホホバオイルは、
オーストラリア メルボルンの女性には有名なホホバオイルです。