アトピーの人には自然派化粧品をお勧め出来ません。

質問サイトを見ると、

【アトピーに優しい化粧品】

を訪ねる質問がありました。

その回答者の人が、ある自然派化粧品を勧めていました。

ここで念のために

【自然派化粧品はどんな化粧品?】

この点を明確に知っておいて下さい。

多分この自然派化粧品を勧めていた女性は
自然派化粧品が、100%ナチュラルな化粧品と
信じていたのではと思います。

ですが、現実は通常の化粧品よりは、ナチュラル指向
であるだけで、大部分が石油系素材を利用しています。

特に、クレンジングは合成界面活性剤であることには
変わりなく、化粧品クリームも石油系素材であることは
変わりません。

本当の100%ナチュラルな化粧品を希望している
のでしたら、100%ナチュラルと書かれている
ものをご利用になるべきです。

スキンケアの部分だけ、アロマの製品を利用するのが
お肌に無理をかけません。

ナチュラルな成分だけのクレンジングを利用すれば、
お肌に無理なく、マスカラを含めた化粧品を落とすことが
出来ます。

そして、洗顔後のお手入れにもご利用になれます。

そんなものをご利用になる方がお肌を痛めることが
ありません。

ナチュラルなスキンケアをご利用になって下さい。

アトピー改善をしたかったら、
アトピー改善にステロイドは不要をご覧下さい。

自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典という本があるけれど…

副題:化粧品の成分表示は全成分表示ではない。
←コレ大事です。

化粧品での被害が多いのが、化粧品に入っている有害成分が
お肌を傷める話し。

なんでもアマゾンでのこの本のコメントによると、
6200種類も化学成分について書かれているそうです。
ご苦労さまです。

多くの人が毒性オンパレードってコメントしていますが、
この本を買ってもカバー出来ない部分があります。

それが 【キャリーオーバー】
つまり【化粧品の成分表示は全成分表示ではない】こと。

ひょっとして?????と思いました?

もうちょっと説明しますね。

ある成分を配合する時に、
【誰もが嫌がる成分が混在していても、成分表示する義務がない。】

これがこの法律の問題点なのです。

つまり、この本の著者には悪いのですが、
この【化粧品毒性判定事典】を買っても本当に問題の成分が
配合されている可能性が高いこと。

だからこの本を購入しても無駄
もう一度言います。【無駄です。】

この話しを聞いてどう思います?

化粧品会社ってそうやってインチキをしているのです。

自然派化粧品は、100%ナチュラルではありません。

化粧品の成分表示は、誰もが嫌がる成分を表示していない。

クレンジングはお肌を傷める

だから長い間にはお肌を痛めて、化粧品の利用を辞める。

化粧品会社ってインチキの連続なのです。

それでも利用するのは、キレイに成りたいという願望が
化粧品会社キライよりも強いということなのでしょうか…。

化粧品でシミの原因は、石油系素材の感光作用

化粧品を長く利用している女性が気になるのが

【シミ・ソバカス】

これって、多くの女性が悩んでいます。

段々気になると余計にファンデーションを濃くしてみたりとか、覚えがある女性も居ると思います。でも、その気になる原因は化粧品の素材が石油系だから。

化粧品会社が黙って知られたくない事実なのです。

逆に、アロマセラピーの観点からは、化粧品の持つ構造がお肌を傷めるので、化粧品で悩むのなら、高い化粧品を買い換えて散財するより、アロマセラピーの100%ナチュラルなスキンケアの方が、お肌にやさしいです。

そして化粧品にある【自然派化粧品】は100%ナチュラルと思っている女性が居ると思いますが、真っ赤なインチキです。

その会社の化粧品としてはナチュラル成分が多少増えただけで、彼らは【自然派化粧品】として販売していますが、大部分は石油系素材です。

だから、【自然派化粧品】を利用しても構造的な欠陥は改善されていません。
←これって、ちょっとズルイと思いませんか?

貴女の大事なお肌を守るためには、品質の良いホホバオイルがお肌の保護膜を再生するので、最適です。

品質が良いホホバオイルを購入するには、

コスメの人ではなく、アロマセラピーの人のホホバオイルの方が、
コスメの人が言えない事を、いろいろなことを教えてもらえます。

理由は、コスメの人の情報は、化粧品会社から来ているからです。