ステロイドは安全か?副作用25 関節痛

医者によっては副作用といってみたり、離脱症候群の一つとして上げている人もいます。

あるドクターは、

離脱症候群とは、具体的には、ステロイド薬の急な中止によって、発熱、疲労感、頭痛、関節痛、筋肉痛、無気力感などがあらわれることを指します。

そしてこのドクターは、ステロイドを外用していたのなら、離脱症候群になりにくいと書いていますが…。ですが、今までの最長の人は30年超ステロイド漬けでした。このような長期間ステロイドを使用していた場合は、ステロイドを切った途端に、激しい離脱症候群が現れ七転八倒の苦しみを訴えるケースがあります。

徐々に切るのが好ましいのですが、本人がとにかく止めたいというので、切ったら案の定大変なリバウンドが…。

外用薬なら、ステロイド漬けは軽いと言っていますが、そんなことはないです。

やはり長期ステロイドを利用した場合は、徐々に減らすことが望ましいと言えます。

ですが、ステロイドはアトピーの根本原因を解決する薬ではありません。ですから最初から利用すべき薬ではないと思います。

そして、ステロイドを利用しなくても、アトピー性皮膚炎が改善されました。それは、アトピー性皮膚炎の治療にステロイドの機能は不要だからです。

もっと根本的なところから改善する必要があります。

【アトピー性皮膚炎は、ステロイドを使用せずアトピー自然療法(脱ステロイド)で改善出来ました。】

脱ステロイドを考えているのでしたら、ステロイドを利用しない、アトピー自然療法実践会(脱ステロイド)をお勧めします。